このページの本文へ

松下電器産業、2GBのmicroSDカードを発売――誤飲防止の苦味剤を塗布

2007年05月28日 19時16分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は28日、携帯電話機の外部メモリーカード向けとして、2GBのmicroSDカード『RP-SM02GBJ1K』を7月10日に発売すると発表した。価格はオープンプライス。

2GBのmicroSDカード『RP-SM02GBJ1K』
2GBのmicroSDカード『RP-SM02GBJ1K』

miniSDカードとSDカード向けの2種類のアダプター、およびmicroSDカードとアダプターをセットで収納できるケースが付属するほか、誤飲防止のために本体に苦味剤(デナトニウムベンゾエイト)を塗布している。これは健康には影響のない成分とのことだが、効果度・持続性に限界があるため、子供が何度も誤飲しないように、子供の手の届かない場所で保管・管理するよう進めている。

この苦味剤の塗布は2006年1月31日以降に生産したminiSDカードから塗布を始めており、苦味成分の効果は最大2年間としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン