このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

いきなりベンチマークを敢行

まさに革命!! Mac Pro × CS3は爆速だった

2007年05月08日 17時30分更新

文● 編集部 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Adobe Photoshop CS3
『Adobe Photoshop CS3』のパッケージ

アドビ システムズ(株)がついに日本語版を発表した、「Adobe CS3」シリーズ(参考記事)。Macユーザーにとってひとつの目玉となるのは、Photoshop、Illustrator、InDesignといった、一連のクリエイティブツールが軒並みインテル製CPUにネイティブ対応したということ。

従来のCS2シリーズでもインテルMacで使えたが、Mac OS Xのエミュレーション機能である“Rosetta(ロゼッタ)”を介しての動作になるため、そのパフォーマンスを最大限に引き出せていなかった(コラム参照)。この状況がようやく改善されるわけだ。

編集部では早速、『Photoshop CS3』(β版)と『Photoshop CS2』のベンチマークを敢行してみた。結論から言えば、あなたがインテルMacユーザーで、Photoshopを頻繁に使っているのなら、必ずCS3に乗り換えた方がいい。Mac ProでCS2とCS3を比較すると、ファイルオープンでは1.45倍、アクションでは2.15倍もCS3のほうが早く処理を終わらせたという結果になった。

また、現在Power Mac G4/G5を3年以上使っているユーザーも、そろそろインテルMacへの移行を考えてもいい時期だろう。CS2ではPower PC G5よりMac Proのほうが動作が遅いということが多々あったが、CS3ではこの状況は過去のものとなっている。

テスト結果の詳細は、次ページより紹介していく。テスト機として用意したのは、Mac Pro、Power Mac G5、Power Mac G4の3機種4構成で、メモリーは2GB、OSはMac OS X 10.4.9に統一してある。ちなみに下記構成における8コアMac Proの価格は59万4590円、4コアMac Proの価格は37万4300円だ。

Mac Pro Power Mac G5 Power Mac G4
Mac ProPower Mac G5Power Mac G4

機種名 Mac Pro (8コア) Mac Pro (4コア) Power Mac G5 (June 2004) Power Mac G4 (Mirrored Drive Doors 2003)
発表年月 2007年4月 2006年8月 2004年6月 2003年6月
CPU Xeon 5300-3.0GHz(4コア構成)×2基 Xeon 5300-2.66GHz(2コア構成)×2基 PowerPC G5-2.5GHz×2基 PowerPC G4-1.25GHz×2基
グラフィック Radeon X1900XT(512MB) GeForce 7300GT(256MB) GeForce 6800 Ultra DDL(256MB) Radeon 9000 Pro(64MB)
HDD WD5000(500GB) Barracuda 7200.9(160GB)

(次ページに続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中