このページの本文へ

箱根駅伝、青山学院の負けてもライバルを震撼させた底力

文● 小林信也(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
原晋・青山学院監督
5連覇ならず、目をうるませながら語る原晋・青山学院監督 写真:日刊現代/アフロ

青山学院の「復路の激走」が与えた衝撃

 箱根駅伝は東海大学が初優勝。青山学院の総合5連覇は成らなかった。

 今回は「ゴーゴー大作戦」と、例年にも増して軽薄とも思えるキャッチフレーズで臨んだ青山学院の原晋監督に非難の声も上がっている。だが敗れてなお、「脅威」ともいえる深い衝撃を青山学院はライバルたちに与えたのではないだろうか。

(どうやったら、あんな強いチームが作れるのか!?)

 4区、5区の失速で、往路は6位、首位東洋大学に5分30秒も遅れた。この時点で5連覇は難しくなった。すると原監督は、選手たちの気持ちを「復路優勝」に切り替え、「往路の敗因は采配ミス」と自らの責任を公言した。

 そして翌日、青山学院の各ランナーは「奇跡が起きるのではないか」、応援者には期待を、ライバルには底知れない不安と脅威を与え続けた。

 6区、小野田勇次が区間新の区間賞。7区、林奎介も区間賞。8区の飯田貴之は区間2位だったが、9区の吉田圭太がまたも区間賞。前を行くチームにとっては背筋の寒くなる追い上げが続いた。

 東洋大に代わってトップに立った東海大もこの日、2位、2位、1位、2位と、青山学院にひけをとらない快走を続けたために奇跡は起こらなかったが、どこか1区間でもブレーキがあれば、5連覇は十分に可能だった。事実、往路優勝の東洋大は、3位、3位、3位と粘りながら9区で19位の不振があり、青山学院の遙か後塵を拝する結果となった。そして10区の鈴木塁人は区間2位。5連覇は成らなかったが、笑顔で復路優勝のテープを切った。

原監督を非難する人たちこそ
古臭く、変われない問題児たちだ

 大会前、恒例のキャッチフレーズを問われて原監督はこう答えた。

「就任15年目です。箱根駅伝95回大会です。5度目の優勝、キーになる区間は5区。ライバルチームはゼッケン5番の東海大学。私たちはアチチアチと燃えております。郷ひろみさんじゃないですが、名付けましてゴーゴー大作戦です」

 このような軽さに眉をひそめる人もいる。負けた今、「それ見たことか」と、ここぞとばかり原監督を批判する人もいるが、そんな人や批判こそ笑止千万、本末転倒と理解すべきだろう。

 原監督はこれまでも、2015年「ワクワク大作戦」、2016年「ハッピー大作戦」、2017年「サンキュー大作戦」、2018「ハーモニー大作戦」、従来の大学スポーツの常識では考えられない突飛なキャッチフレーズで箱根駅伝を制して来た。昨年の全日本大学駅伝(出雲)では「メラメラ大作戦」を発動し、優勝した。

 このような冗句に明るさを込めて、辛らつに現在の常識的なスポーツ指導のあり方を批判し、身をもって改革を実践している。不埒にも見える冗句に目くじらを立てる者たちこそが古臭い勝利至上主義に浸かり、「監督の厳しい指導こそが選手を育てる」と思い込んで変わらない困った指導者やスポーツファンではないか。

 入学する高校生を選ぶとき、原監督が重視するのは「明るさ」「コミュニケーション力」だという。いくら持ちタイムが良くても、「青山学院の駅伝チーム」の雰囲気に合わない選手、暗い選手、自己表現ができない選手は選ばない。一般企業の採用であればごく当然の選考基準かもしれないが、スポーツにおいてはなかなか徹底できない現実がある。たとえ学習能力に疑問があってもホームランを連発する強打者なら採りたいし、素行に問題があるとわかっていても140キロを超える快速球の持ち主なら目をつぶって勧誘するチームは野球界にはたくさんある。プロ球界にもある。

敗戦でも見えた、
原監督の指導者としての革命的姿勢

 原監督とは、スポーツ界のパワハラ告発などを語り合うテレビ番組でご一緒した。ドキュメンタリー番組で練習風景や先輩後輩の垣根のないミーティングの光景も目にした。まさに、日本のスポーツ界に革命的な変化をもたらしていることが衝撃的に感じられる。

 その根底に、「伝説の営業マン」と自称する原監督の中国電力時代のサラリーマン経験が大きく反映していることは広く知られている。だがその本質的な意味はどこまで世間に理解されているだろう。私はあえて別の表現で、原監督のサラリーマン経験と監督業をつなぐ独自の感覚を伝えたい。

 原監督が大半のスポーツ指導者と違うのは、本気でサラリーマン生活と向き合った経験があるところだ。現役を引退し、やむなく腰掛けで働いたのではない。競技に生きる道はなく、企業人として活躍するほかに自分を輝かせる方法はなかった。本気で競技を忘れ、取り組んだ経験が生きている。

 こんな当たり前のことが、日本のスポーツ界、教育界では当たり前でない。とくに学校スポーツの指導者は、高校野球も高校サッカーも高校バレーも、教員の枠でしか生きたことがない場合が大半だ。一般企業と教員の世界とでは、常識も厳しさも質が違う。学校を巣立つ生徒の大半が教員でなく一般企業に就職するのに、一般企業を知らない教員やスポーツ指導者が「すべてわかっている」かのような高圧ぶりで指導する滑稽さに、日本のスポーツ界はそろそろ気付くべきではないだろうか。

 サラリーマン経験を持つ原監督は、「箱根駅伝」を指導のゴールに設定していない。もちろん、駅伝チームの共通の目標は大会での優勝だが、それがすべてでないことを監督自身が身を持って経験し、打ちのめされ、這い上がった経験を持っている。だから、「結果からいまを見ている」「人生というスケールで選手の指導に伴走している」、そこに原監督独特の発想の源を感じる。

 多くのスポーツ指導者は、スポーツの勝ち負けという山の高さしか持っていない。いくら日本一、世界一という山の頂上に登った経験者でも、世間の山から見れば、特殊で守られた世界であることが多い。スポーツの価値を否定するのではない。あくまで人を指導する立場で考えれば、スポーツの山しか知らない指導者より、スポーツの山も一般企業という荒波も知っている指導者と共に歩む深みの違いは容易に想像できる。

 文武両道と口では言うスポーツ指導者はたくさんいるが、実際にスポーツ以外の経験に乏しい指導者の言葉に実体はない。原監督は、企業の厳しさという山の高さを経験している。この高さから常に人間として発想し、選手に助言を与えている。

原監督が密かな快哉を叫んだ
3区直後の落とし穴

 箱根駅伝の采配に話を戻そう。

 
 実力の拮抗する選手たちの中から、どの選手を抜擢し、どの区間に起用するか。「今年でいえば、4区、5区が監督の腕の見せどころ」と語っていた。それだけに、4区、5区のブレーキは痛恨のきわみだが、そこにはあまりに皮肉などんでん返しがあった。

 今年のレースで言えば、原監督にとって最大の賭けは3区森田歩希の起用だったかもしれない。事前登録では名前がなかった。故障で十分な練習が積めなかった。12月の練習達成度を数字に表せば「ゼロパーセント」と明言していた森田を当日の登録変更で3区に起用した。この森田が区間新の快走を見せ、青山学院は今大会初めてトップに躍り出た。あまりにも劇的、出来すぎの展開に、他チームは言葉を失っていただろう。森田が首位で4区にタスキを渡した瞬間こそ、原監督のカリスマ采配の結晶であり、監督冥利に尽きる最高の昂奮に溢れていただろう。

 ところがその直後、ブレーキに見舞われる。この天国と地獄について、まだ原監督は詳細に語っていない。この衝撃が、原監督をさらに触発し、新たな指導ビジョン飛躍の原動力になるのではないか、密かに期待している。

(作家・スポーツライター 小林信也)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ