このページの本文へ

第9世代CoreプロセッサーとGeForce RTX 2080それぞれを水冷

水冷NVIDIA GeForce RTX 2080搭載のデュアル水冷ハイエンドPC「G-Master Hydro Z390 II」、サイコムより登場

2018年11月29日 16時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
G-Master Hydro Z390 II

 サイコムは11月29日、デュアル水冷モデル「G-Master Hydro」シリーズを刷新、マザーボードをインテルZ390チップセットとし、標準ビデオカードにNVIDIA GeForce RTX 2080を採用したモデルを発売した。

 G-Master Hydroは、水冷CPUクーラーと水冷ビデオカードを独立して組込んだ独自のデュアル水冷システムを採用したハイエンドゲーミングPC。最新モデルとなる「G-Master Hydro Z390 II」は、従来機「G-Master Hydro Z390」の後継機種となり、ケースには「Fractal Design Define R6」を採用。

 インテル第9世代Coreプロセッサー採用モデルとしては、Core i5-9600K/Core i7-9700K/Core i9-9900Kを選択可能。インテル第8世代CPU採用モデルとしては、Core i3-8100/Core i3-8300/Core i3-8350K/Core i5-8400を選択可能。

標準ケースはクリアガラスサイドパネル仕様

 標準的な構成モデル(Core i5-9600K)の価格は27万4850円から。BTOにより幅広いカスタマイズが可能。また、発売記念キャンペーンとして2019年1月6日まで標準ビデオカードNVIDIA GeForce RTX 2080を1万円引きで提供する。

■関連サイト

カテゴリートップへ