このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

安い8コア/16スレッドCPUはCGレンダリングで光る?

Ryzen 7 2700XのCG分野における費用対効果を考察する

2018年12月06日 11時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CG作成用PCの入門向けCPUはコスパで選びたい

 筆者がいつも新CPUをレビューする際は、様々なベンチマークを使っている。「この用途には強いが別の用途には弱い……」みたいな言い方をするが、今回はマルチコアCPUが最も得意とする“CGレンダリング”の性能に絞って考察してみたい。3DCGを学びたい人にとって必要不可欠なのが、CGのレンダリングをサクサク処理できる高性能PCなのだが、最速の性能が出せるCPUを狙えば当然コストもどんどん上がっていく。

 現状コンシューマー向けPC用CPUでレンダリング最速と言えば、AMDの「Ryzen Threadripper 2990WX」だが、CPUだけで実売価格は22万円程度になる。しかし、入門向けのCGレンダリング用PCとしてはかなり高価な部類になる。そこで、最速ではないにしても費用対効果に優れているCPUを考えようというのが本稿の狙いだ。

Ryzen Threadripperの最上位モデル2990WXはかなりクセの強いCPUだが、CGレンダリングのような処理には滅法強く、ライバルのインテルも簡単に手が出せない領域にある。しかし、CPUは1基で22万円前後と高価だ。
Ryzen 7 2700Xは、Ryzen Threadripperよりもコア数が少ないぶん計算力は劣るが、そのぶん3万円台とグッとお手頃。マザーボードなどの周辺パーツも比較的安価に手に入るので、総合的なコストパフォマンスは高いのではないだろうか……?

 なお、今回注目するCPUは実売価格3万8000円前後で手に入る8コア/16スレッドのCPU「Ryzen 7 2700X」である。そこで、2700Xにスペック的あるいは価格的に競合しそうなCPUを同列で比較し、費用対効果を比較してみる。

 比較対象となりそうなCPUとしては、Ryzen 7 2700Xと同じ8コア/16スレッドの「Core i9-9900K」(実売価格6万6000円前後)と、価格的に非常に近い6コア/6スレッドの「Core i5-9600K」(実売価格3万4000円前後)が浮上する。ついでにCore i9とi5の中間の「Core i7-9700K」(実売価格5万1000円前後)や、第2世代Ryzen Threadripperで最もお手頃な「Ryzen Threadripper 2920X」(実売8万7000円前後)も比べておきたいところだ。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ