このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! ― 第8回

iPhoneのコントロールセンターを使いやすくカスタマイズする

2018年12月19日 14時00分更新

文● 金子 麟太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コントロールセンターの表示方法

 iPhone 8以前の機種では、画面下部から上方向に向かってスワイプすることで、コントロールセンターを表示できます。iPhone X以降の機種では、画面の右上端から下方向に向かってスワイプすることで、コントロールセンターを表示できます。

コントロールセンターを閉じる

 iPhone 8以前の機種でコントロールセンターを閉じるには、下方向に向かってスワイプまたは余白をタップします。iPhone X以降の機種で、コントロールセンターを閉じるには、上方向に向かってスワイプまたは余白をタップします。

コントロールセンターを更に活用する

 コントロールセンターでは、「3D Touch」(強く押し込む)を使用して、より多くの機能へアクセスできます(3D Touch対応機種のみ)。

 たとえば左上にある「機内モード」「モバイルデータ通信」「Wi-Fi」「Bluetooth」を強く押すと、「AirDrop」や「インターネット共有」のコントロールを表示できたり、「カメラ」を強く押すと、「自撮り(セルフィー)モード」や「ビデオ撮影」を起動できます。

 これらを活用することで、より多くの機能へ簡単にアクセスできます。

コントロールセンターをカスタマイズする

 コントロールセンターの下部にある項目(赤く囲ったところ)は、よく利用する機能を追加したり、並び替えもできます。

 「設定」を開き、「コントロールセンター」から「コントロールをカスタマイズ」を選択することで、コントロールをカスタマイズすることが可能です。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中