このページの本文へ

知財メンタリングチームを組成し、ビジネスを加速する知財戦略の構築を支援

特許庁、知財アクセラレーションプログラムの支援先10社決定

2018年09月03日 13時05分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 特許庁は8月30日、「知財アクセラレーションプログラム」(IPAS:IP Acceralation program for Startups)の支援先企業10社を決定したと発表。

 支援先企業ごとに、課題に対応するスキルを持つ専門家を選定した「知財メンタリングチーム」を組成。ビジネスを加速する知財戦略の構築を支援するという。

 有識者6名からなる審査委員会によるピッチ審査を経て決定した10社は以下の通り。

株式会社アクセルスペース(東京都中央区 代表:中村友哉)
 超小型人工衛星の設計開発および衛星画像など利用したソリューションの開発。

株式会社aceRNATechnologies(京都府左京区 代表:進照夫)
 再生医療分野における、RNAスイッチを用いた細胞選別技術の開発。

MDR株式会社(東京都文京区 代表:湊雄一郎)
 量子コンピュータに関するハードウェア、ミドルウェア、アプリケーションの開発。

株式会社カウリス(東京都千代田区 代表:島津敦好)
 法人向けクラウド型不正アクセス検知サービスの開発。

株式会社Kyulux(福岡県福岡市 代表:安達淳治)
 TADF(熱活性化遅延蛍光)および蛍光材料を組み合わせたHyperfluorescence(超蛍光)による次世代有機ELの開発。

株式会社Jiksak Bioengineering(神奈川県川崎市 代表:川田治良)
 三次元構造を有する細胞組織による、おもに神経変性疾患の創薬に活用するスクリーニング技術の開発。

ソナス株式会社(東京都文京区 代表:大原壮太郎)
 同時送信フラッディング技術を活用した無線センサネットワークによる省電力・高品質センシングの開発。

●DeepFlow株式会社(東京都豊島区 代表:深川宏樹)
 CAEに使用する、クラウド型スパコンを使った10兆自由度の超大規模流体構造連成解析システムの開発。

株式会社ナノルクス(茨城県つくば市 代表:祖父江基史)
 赤外線カラー暗視撮影技術を活用した暗視カメラなどの開発。

株式会社メトセラ(神奈川県川崎市 代表:岩宮貴紘)
 線維芽細胞を活用した心臓疾患の再生医療等製品の開発。

 IPASの特設ページでは、IPASの事業内容や支援先企業の情報を掲載している。また知財メンタリングチーム組成後は、支援に関わることになるメンターなどの情報を掲載していくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ