このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2018レポート第8回

「Windows on Snapdragon」が新展開! スナドラ850発表でサムスンも参入

2018年06月05日 16時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クアルコムは6月5日、COMPUTEX TAIPEI 2018開催中の台北にてプレスカンファレンスを開催。Windows 10 PC向けの最新チップセット「Snapdragon 850」を発表した。さらにSnapdragon搭載Windows 10 PCのメーカーとしてサムスン電子の参入もアナウンスされた。

壇上で実際のチップセットをチラ見せ
デモ機でのタスクマネージャーの表示。8コアで動作していた

日本国内ではまだ未発売のスナドラPCだが
早くも第2世代に突入

 Snapdragon 850は10nmプロセスのKryo CPUで、動作クロックは2.96GHz、コア数は8。前世代と比較するとシステム全体の性能は最大30%、AIの性能は最大3倍向上している。さらに連続使用時間は25時間以上で、LTEによる通信速度は下り最大1.2Gbpsとなっている。そのほかチップセット内にはGPUとしてAdreno 630、モデムにX20 LTE、AI関連を処理するHexagon 685を搭載。Wi-FiはIEEE802.11adまで対応している。

Snapdragon 850の基本機能
前世代と比べて、格段の性能向上がみられる

 発表会に登壇したクアルコムのモバイル部門を担当するSVP &GMのAlex Katouzian氏は、「1年前にSnapdragon 835とWindows 10を組み合わせた、『Always On, Always Connected' PC』を発表した。現在では3社から製品がリリースされている」と説明。

クアルコムのモバイル部門を担当するSVP&GMのAlex Katouzian氏

 さらに「この10年で数多くのPCに、Snapdragonのモデムテクノロジーが搭載されている」とし、ノートPCにおける常時接続機能の必要性をアピールした。

Snapdragon搭載Windows 10 PCの特徴
現在はASUS、HP、レノボという3メーカーからSnapdragon搭載Windows 10 PCが発売されている
一般的なx86のマシンでもクアルコムのモデムを搭載した製品が数多く市場に出ている

マイクロソフト幹部はスナドラPCのバッテリー性能と
常時ネット接続の利点をアピール

 ゲストにはマイクロソフトのプラットフォーム担当CVP Roanne Sones氏が登壇。Sones氏は「Snapdragon 835を搭載したPCを使っているが、週末は充電不要。平日のビジネスで使っているときも、充電なしで使える」とSnapdragon搭載のWindows 10 PCのスタミナ性能をアピールしていた。

マイクロソフトのプラットフォーム担当CVP、Roanne Sones氏

 またeSIMにより、ユーザーに使い方に合わせたデータ通信の契約が可能で、いつでもどこでもつながる優位性として紹介している。

時間と場所にとらわれず使えるのがSnapdragon搭載Windows 10 PCの利点

 さらにゲストとしてサムスン電子でモバイル・コミュニケーション・ビジネスを担当するJason Lee氏が登壇。Snapdragon 850を搭載したノートPCを年末に発売することを明かした。

サムスン電子でモバイル・コミュニケーション・ビジネスを担当するJason Lee氏

 クアルコムのプライベートブースには、Snapdragon 850を搭載したリファレンスモデルのデモ機を展示。2.9GHzで動作していた。またWindows 10 April 2018 Updateから対応したARM版64bitアプリ作成用のSDKで開発したアプリも動作していた。

Snapdragon 850を搭載したクアルコムのリファレンスモデル
リファレンスモデルのプロパティーでは、プロセッサー表記がSnapdragon 850になっている

 日本国内ではまだSnapdragon 835を搭載したPCはリリースされていないが、Snapdragon 850の登場でSnapdragon搭載Windows 10 PCがさらに増える可能性は高い。今後もクアルコムとマイクロソフトの両者の動きに注目したい。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン