このページの本文へ

田川欣哉、深津貴之、中村洋基——トップクリエイターが語る「体験」のデザイン

2018年05月16日 12時42分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

日本を代表するトップクリエイターたちは体験(エクスペリエンス)をどう捉え、デザインしているのか? セミナーイベント「CODE Digital Creative Academy」で語れたその内容をお届けします。

デジタルを介して創造した「体験(エクスペリエンス)」により、成功したマーケティングコミュニケーション事例を顕彰する「コードアワード」。コードアワード事務局では、デジタルマーケティングやクリエイティブに関わるすべての方に向け、トップクリエイターのお話から業界の今と未来を考えるセミナーイベント「CODE Digital Creative Academy」を開催しています。

「コードアワード2018」から追加される「プロダクト&サービス」賞の新設を記念し、第3回は「体験(コト)のデザインとは何か。デジタルマーケティングと結びつくとき、XDは一気に花開く」をテーマに3月13日(火)開催しました。

日本を代表する体験デザインのプロフェッショナルとして、Takram代表であり英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートにて客員教授を務める田川欣哉氏、数々の企業コンサルティングやCXOを務めるTHE GUILD代表の深津貴之氏、話題のWebサービス『VALU』を手掛けるPARTYファウンダー/クリエイティブディレクターの中村洋基氏の3名をお招きし、& Co.の横石崇氏をモデレーターに、体験のデザインが必要とされる理由から、あるべきXDの描き方まで、多角的な視点からお話を伺いました。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く