このページの本文へ

目的地到着で自動リマインド、iPhoneの隠れた名機能

2018年04月14日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 帰宅してから、買い忘れに気づいた経験はありませんか? 書い忘れを防止するのに便利なのがiPhoneの「リマインダー機能」です。今回は、お店にいるあいだに、iPhoneから買い物リストが通知される方法を紹介します。

 「リマインダーアプリ」を起動し、画面右上の「+」をタップします。

 「リマインダー」をタップ。

 新規リマインダーの作成画面が開かれるので、1番上のテキストボックスに買いたい物を記入しましょう。

 「指定場所で通知」をタップしてオンにします。

 「場所」という項目をタップしましょう。

 地図画面が表示されるので、上方のボックスに住所を記入しましょう。

 場所が指定できたら、画面左上にある「リマインダーを作成」をタップします。

 設定が完了しました。iPhoneをスリープ状態にしても、指定した場所に近づくと通知が表示されます。

 「リマインダー機能」で買い忘れを防止して、時間を有効活用しましょう。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中