このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第10回

「Microsoft Connect 2017」新発表にキャッチアップ、アプリ基盤・IaaS編

DevOpsサイクルをすべて自動構成する「Azure DevOps Project」が登場

2017年11月24日 13時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今週の「週刊アジュール」は「Microsoft Connect 2017」で発表されたAzureのアップデートを前後編で紹介します。後編は、アプリケーションプラットフォーム、IaaS関連の新発表をまとめました。

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

 Microsoft Connect 2017のアップデートが多いので、今週は前後編に2回に分けてお送りします。データベース、IoT、AI関連サービスのアップデートを紹介した前編に続き、この後編では、アプリケーションプラットフォーム、IaaS関連のアップデートを紹介します。

 まず、アプリケーションプラットフォーム関連サービスのアップデートを紹介していきます。

Visual Studio Connected Environment for AKSを発表

 マネージドKubernetesサービス「Azure Container Service」(AKS)は、今年10月に発表され、パブリックプレビューがリリースされていました

 今回発表された「Visual Studio Connected Environment for AKS」は、Visual Studio、Visual Studio CodeでのKubernetes向けのコンテナーアプリケーション開発を支援します。F5キーを押すだけで、コンテナーイメージのビルドや、プッシュなしにコンテナーアプリケーションの実行、デバッグを行えます。Visual Studio Connected Environment for AKSは今後、プレビューがリリースされる予定です。

 詳細は、ブログポスト「Announcing Visual Studio and Kubernetes – Visual Studio Connected Environment」、記事「『あらゆる開発者のためのAzure』を具現化、Visual StudioとAKSの統合」をご覧ください。

Visual Studio Connected Environment for AKS

Azure DevOps Projectのパブリックプレビューをリリース

 「Azure DevOps Project」が発表され、パブリックプレビューがリリースされました。

 Azure DevOps Projectは、好みのプログラミング言語で開発するWebアプリケーションに対して、実行環境としてのAzure App Service (Web AppsWeb App for Containers)、VSTS(Visual Studio Team Services)上のGitリポジトリやCI/CDパイプライン、Azure Application Insightsによる監視といった、DevOpsのサイクルに必要なすべてを自動的に構成してくれるサービスです。

 詳細は、ブログポスト「Azure DevOps Project – public preview」Introducing Azure DevOps Projectドキュメントをご覧ください。

Azure DevOps Projectのダッシュボード

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ