このページの本文へ

ASRock「X299 Extreme4」

電源周りを強化したお買い得系X299マザーがASRockから

2017年11月22日 23時12分更新

文● 山県 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockから、X299チップを搭載するLGA 2066対応のマザーボード「X299 Extreme4」が発売された。コストパフォーマンスに優れるExtremeシリーズの製品で、電源周りが強化されているのが特徴だ。

X299チップを搭載するLGA 2066対応のマザーボード「X299 Extreme4」

 「X299 Extreme4」は、11パワーフェーズ採用に2基の8ピンパワーコネクターに加え、大型ヒートシンクによりCPU回りの設計を強化。18コア/36スレッドの最上位CPU「Core i9-7980XE」の搭載にもしっかりと対応するのが特徴だ」。

 従来通り重いカードも安心な高耐久PCI Expressスロットの「PCI-E Steel Slot」やサウンド機能「Purity Sound4」などをサポートする。

11パワーフェーズ採用に2基の8ピンパワーコネクターに加え、大型ヒートシンクによりCPU回りを強化。18コアの最上位CPU「Core i9-7980XE」の搭載にも対応する

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×1。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4200(OC)/4133(OC)/4000(OC)/3866(OC)/3800(OC)/3733(OC)/3600(OC)/3200(OC)/2933(OC)/2800(OC)/2666/2400/2133、最大64GB)。

スペックも必要なものはそろっている。価格はX299マザーとしては安価で、コストパフォーマンス優先派なら要チェックのモデルだろう

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I219V)、、サウンド(Realtek ALC1220)、M.2×2、SATA3.0×8、USB 3.1×2、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。

 価格は3万2184円。パソコンショップアークとドスパラ パーツ館で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中