このページの本文へ

iPhone X&iPhone 8、ASCII徹底大特集!第60回

デュアルカメラのiPhone XとHUAWEI P10 Plusを撮り比べ

2017年11月06日 12時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カメラがどのくらい進化したのか
カメラがウリのAndroidスマホと比較!

 iPhone XのカメラはiPhone 8 Plusがベースでスペック的にはほぼ同じだが、望遠側レンズのF値が2.8→2.4と明るくなっていたり、標準、望遠レンズともに光学式手ぶれ補正がついていたり(iPhone 8 Plusは標準側のみ)、インカメラでもポートレートモード&ポートレートライティングモードを使えるなどさらに強力になっている。

iPhone Xのリアカメラ。デュアルレンズは縦の並びになった
ライカのSUMMILUX-Hを搭載したHUAWEI P10 Plus

 そこで今回はiPhone Xのカメラ機能とAndroidスマホのデュアルレンズ搭載モデルを比較してみたい。Android代表はライカレンズを搭載してカメラの良さを全面に打ち出している「HUAWEI P10 Plus」。ポートレートモードを搭載し、ボケ味も調整できるなど、iPhone Xの比較相手としてふさわしい。

 それではカメラのスペックから比べてみよう。

 iPhone Xはデュアルレンズで1200万画素×2、F値は標準側が1.8、望遠側が2.4、インカメラは700万画素でF値2.2。望遠は2倍にまで対応する(デジタルズームは10倍)。レンズはそれぞれ標準(広角)、望遠という組み合わせになっている。

 一方のHUAWEI P10 Plusはリアカメラが1200万画素(RGB)+2000万画素(モノクロ)でF値は1.8。ライカの「SUMMILUX-H」という名称が付けられたレンズを採用している。インカメラもライカとの共同開発で800万画素のF値1.9。デュアルカメラはカラーセンサーで色情報を、モノクロセンサーで明度を識別して合成する。ポートレートモードだけでなく、ボケ具合を調節できるワイドアパーチャ機能も搭載。光学式手ぶれ補正もあり、スペックだけで見るとこちらのほうが優位だが……。

iPhone Xは自撮りだけでなく、精度の高い顔認証ウリのインカメラ(TrueDepthカメラ)を搭載
インカメラもライカになって明るくなったP10 Plus

 今回は明るい場所でのボケ効果、そして屋外の自然光下での仕上がりをチェックした。暗所やポートレートライティングモードの詳細などはまた今度。

iPhone XとHUAWEI P10 Plusを比べてみると
それぞれの特徴がハッキリわかる

 iPhone Xのポートレートモードオン(右)、オフ(左)。オンだと2倍ズームになるので、こんなに近くなる。しかし、ボカし方がちょっと雑な部分もあった。

 こちらHUAWEI P10 Plusのポートレートモード。どちらもポートレートモードがオンになった状態でズーム(右)は2倍で撮影。手前はパッキリと色が出ており、奥のフィギュアは自然にボケている

 モノクロ写真対決。左がiPhone Xのポートレートライティングモード、右はHUAWEI P10 Plusのモノクロモード。iPhone Xはドロイド君の触角(?)がトリミングされてしまったが、どちらもボケ味は自然。

 どちらもポートレートモードオフの状態。この状態でも背景はややボケてくれる。HUAWEI P10 Plusはなぜか奥のフィギュアにピントが合ったので、手前がややボケている。iPhone Xはやや自然な色合い、HUAWEI P10 Plusは内部処理の加減か色がハッキリしている。

 ここからは屋外での仕上がりをチェックしていく。左がiPhone X、右がHUAWEI P10 Plus。どちらも標準状態ではこのような色味になる。色味は大差ないかもしれないが、電線や建物の処理がHUAWEI P10 Plusはよりシャープ。

 先ほどの風景を2倍ズーム。左がiPhone X、右がP10 Plus。iPhone Xのほうが色がハッキリ出ている。

 今度は筆者のクルマを撮影。左がiPhone X、右がHUAWEI P10 Plus。同じ時間に同じ場所から撮影したのに、HUAWEI P10 Plusは色味が白いというか、明るすぎる。iPhone Xのほうが実際に近い色合い。

 同じ場所から2倍ズームで撮影。左がiPhone X、右がHUAWEI P10 Plus。相変わらずHUAWEI P10 Plusは明るいが、どちらもクルマの汚れまでハッキリと映っている(涙)。

 最後に自撮り。左がiPhone X、右がHUAWEI P10 Plus。iPhone Xはポートレートライティングモードの自然光で、HUAWEI P10 Plusはポートレートモードオンの状態で芸術的ボケ味もオン。HUAWEI P10 Plusは標準でミラー反転になっている。どちらもボケ具合は同じで、ドロイド君が完全にボケている。白く見えるHUAWEI P10 Plusのほうが自撮りにいいかもしれないが、iPhone Xはナチュラルに見えるので、好みの問題ではあるが悩ましい。加工の手間を省いて盛りたいのであればHUAWEI P10 Plusに軍配があがる。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中