このページの本文へ

「Microsoft Ignite 2017」にみるAzureの進化第2回

「Microsoft Ignite 2017」のスコット・ガスリー基調講演レポート

Azureからリリースラッシュ、「Ignite 2017」開催中

2017年09月27日 12時30分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトは米国時間9月25日から29日まで、フロリダ州オーランドで技術カンファレンス「Microsoft Ignite 2017」を開催している。25日のScotto Guthrie氏(マイクロソフト Cloud + Enterprise部門 Executive Vice President)によるキーノートでは、Microsoft Azureから多くの新機能が発表された。

マイクロソフト Cloud + Enterprise部門 Executive Vice President Scotto Guthrie氏

Azure Cloud ShellのPowerShell版

 Azureポータルから直接CLI(コマンド・ライン・インタフェース)コンソールを起動できる「Azure Cloud Shell」がPowerShellに対応した(プレビュー)。Azure Cloud Shellは5月のBuild 2017で発表され、これまではBashからの操作にのみ対応していた。

 マイクロソフトは2016年6月にPowerShellをオープンソース化し、従来のWindows版に加えてLinux版とmacOS版を公開している。OSS化しているとはいえ、Bash版より後にPowerShell版をリリースするところは最近のマイクロソフトらしい。Azure Cloud ShellはiOS/Android向けのAzureポータルアプリからも起動できるので、今後は例えばiPhoneからPowerShellでAzureを操作することも可能になる。

Azure Cloud ShellをPowerShellで操作するデモ

Azure Database Migration Service

 オンプレミスのSQL ServerのデータをAzure SQL Databaseに完全自動で移行できるマネジメントサービス「Azure Database Migration Service」が、今秋にパブリックプレビューすることがアナウンスされた。

 Guthrie氏は、Azureへのデータベース移行コストは(大規模なエンタープライズ企業の場合)AWSより70%少ないと述べている。

Azure Database Migration ServiceAzureへのデータベース移行コストはAWSより70%少ないという

 また同日には、SQL Serverの新版「SQL Server 2017」のGA(一般提供)が発表された。Linux、Windows Server、Dockerで動作する。キーノートでは、macOS上のDockerコンテナでSQL Server 2017を使うデモなどが披露された。

Azure Machine Learning Workbench

 Azure Machine LearningのCLIを提供するデスクトップアプリケーション「Azure Machine Learning Workbench」がプレビューリリースされた。従来から提供されていたWebサービス「Azure Machine Learning Studio」がデスクトップ版になり、機能とツールが強化されたものだ。Windows用、MacOS用がダウンロード可能になっている。

Azure Machine Learning Workbench

 Guthrie氏はキーノートで、Azure Machine Learningが「Jupyter Notebook」に統合されており、CNTKのほかSpark、TenorFlow、Caffe2、Keras、Theanoなどをサポートしていること、Azure Machine Learningで作成したモデルはDockerコンテナで好きな環境(Azure、AWS、GCP、オンプレミス、エッジデバイス)で実行できることなどを説明した。

Azure Cost Management

 Azure、AWS、GCPにまたがってクラウドの使用状況とコストをモニタリングするサービス「Azure Cost Management」を、Azureユーザーに無償提供することが発表された。Azure Cost Managementは、マイクロソフトが6月に買収したマルチクラウド環境向けのコスト監視SaaS「Cloudyn」をリブランドしてAzureに統合したもの。利用しているクラウド全体の利用状況を計測し、将来のクラウド支出を予測可能にする。

Azure Cost Management

 もう1つ、将来のクラウド支出を予測可能にするための新制度として、1年から3年分のAzure VM利用を事前に予約しておくと利用料金が最大72%割安になる「Azure Reserved VM Instances」を発表している。予約したVMインスタンスはいつでもキャンセルと払い戻しができるという。

* * *

 Guthrie氏がキーノートで紹介したのはAzureの新発表のごく一部。Ignite 2017の開催に合わせて、そのほかにも多数のAzure新サービスが発表されている。公式ブログに今回発表されたAzure新機能の一覧があるが、箇条書きを読むだけでも骨が折れる多さだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ