このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第57回

Visual Studio Team Services(VSTS)が「Azure DevOps」に改名され機能強化

動画の文字起こし、顔認識、翻訳、感情分析などを行うAI「Video Indexer」がGA

2018年10月01日 08時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、2018年9月9日~15日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure DevOpsが利用可能に

 Azure DevOpsが発表され、利用可能になりました。

 Azure DevOpsは、開発チームのためのクラウドサービスであり、次の機能を持っています。

  • Azure Pipelines:あらゆる言語、プラットフォーム、クラウドに対応したCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)機能。GitHubや任意のGitリポジトリに接続し、継続的にデプロイできます。
  • Azure Boards:かんばんボード、バックログ、チームダッシュボード、カスタムレポートを備えた作業追跡ツール
  • Azure Artifacts:パブリック/プライベートなソースからのMaven、npm、NuGetパッケージを生成して共有できます。
  • Azure Repos:クラウドでホストされる容量無制限のプライベートGitリポジトリ。プルリクエストや高度なファイル管理などを共同で実施できます。
  • Azure Test Plans:すべての機能が統合されたテストソリューション。計画された手動テストと探索的テストが可能です。

 Azure DevOpsの各サービスはオープンで拡張可能であり、フレームワーク、プラットフォーム、クラウドの種類を問わず、あらゆるアプリケーションで利用可能です。

 Azure DevOpsの一連のサービスは、これまで単一のサービスとして提供されていたVisual Studio Team Services(VSTS)の進化形です。既存のVSTSユーザーは、今後数カ月の間に自動的にAzure DevOpsにアップグレードされます。

 Azure DevOpsのローンチイベントが開催されました。オンデマンドでイベントの動画を視聴可能です。

 詳細は、更新情報「Introducing Azure DevOps」、ブログポスト「Azure DevOps のご紹介」「What’s new in Azure DevOps Launch Update」「Announcing Azure Pipelines with unlimited CI/CD minutes for open source」「Azure Pipelines now available in GitHub Marketplace」「Deep dive into Azure Repos」「Deep dive into Azure Boards」ドキュメントリリースノートをご覧ください。

Azure PipelinesでのCI/CDパイプラインの実行

Azure App Service:App Service on Linux値下げ、App Service Diagnosticsの自動復旧

 Azure App Serviceは、Webアプリ、Web API、モバイルバックエンドをホストするためサービスです。

 LinuxベースのWebアプリケーション実行環境を提供する「App Service on Linux」で、10月1日に、Basicプランの料金が30%、Premiumプランの料金が20%値下げされることが発表されました。

 詳細は、ブログポスト「New Price Drops for App Service on Linux」をご覧ください。

 Azure App Serviceに診断機能を提供する「App Service Diagnostics」(App Service診断)に、自動復旧のエクスペリエンスが追加されました。Azure App Serviceの安定稼働に役立つので、Azure App Serviceをお使いの方は確認してみてください。

 詳細は、ブログポスト「Announcing the New Auto Healing Experience in App Service Diagnostics」をご覧ください。

App Service Diagnostics

Visual Studio App Center:iOS 12

 Visual Studio App Centerは、iOS、Android、Windows、macOSアプリケーションのビルド、テスト、配布、監視のためのサービスです。

 Visual Studio App Centerで、8月のAndroid 9サポートに続いて、iOS 12がサポートされました。

 詳細は、ブログポスト「Announcing Extension-less XCUITest Support in Visual Studio App Center Test for iOS 12」をご覧ください。

Visual Studio App CenterでのiOS 12デバイスを使ったテスト

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ