このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第62回

「Ignite 2018」アップデート ~AI/IoT編~

Azure MLに「自動化された機械学習」が登場

2018年10月10日 13時30分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。2018年9月24日~28日にかけて、米国オーランドでMicrosoftの年次カンファレンス「Microsoft Ignite 2018」が開催されました。「週刊アジュール」では、基調講演での発表をまとめた「Ignite 2018」特別号外に続いて、Ignite 2018でのAzureアップデートを、インフラ編アプリ開発編データ編AI/IoT編の4回に分けてお伝えします。今回はAI/IoT編です。

Azure Cognitive Services:Speech Services、Bing Custom Search、QnA Maker

 Azure Cognitive Servicesは、画像認識、音声認識、自然言語処理といった、AIを活用したAPIサービスです。

 5月のBuild 2018カンファレンスで、既存の音声系サービスを統合した新しい「Speech Services」が発表され、プレビューが始まっていました。speech-to-text、text-to-speech、音声翻訳がサポートされています。

 今回、Speech ServicesがGAになりました。

 ディープニューラルネットワークを活用したニューラルTTS(text-to-speech)のプレビューが始まりました。  詳細は、次のページをご覧ください。

ニューラルTTSと従来型のTTS

 カスタム検索機能を提供する「Bing Custom Search」で、5月のBuild 2018カンファレンスでリリースされていたv2に続いて、今回、Bing Custom Search v3がリリースされました。ビデオ検索のサポートなどの新機能があります。

 詳細は、次のページをご覧ください。

 カスタムのQ&Aサービスを構築できるQnA Makerが、3種類のペルソナから選択できる「おしゃべり」(chit-chat)機能をサポートしました。

Azure Bot Service:Bot Framework SDK V4、「仮想アシスタント」ソリューション

 Azure Bot Serviceは、チャットボットの開発フレームワーク「Microsoft Bot Framework」ベースのチャットボットをホストするためのサービスです。

 5月のBuild 2018カンファレンスでプレビューになっていた次のものが、今回、GA(一般提供)になりました。

Bot Framework Emulator V4

 Azure Bot Serviceで会話型アシスタントを作成するための「仮想アシスタント」ソリューションの初期プレビューが始まりました。

「仮想アシスタント」ソリューション

 Microsoft Bot Framework Web Chat V4のパブリックプレビューがリリースされました。このリリースでは、チャットウィンドウを完全にカスタマイズ可能になりました。

Microsoft Bot Framework Web Chat V4

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Machine Learning:Python SDK、自動化された機械学習、ハイパーパラメーターチューニング

 Azure Machine Learning(Azure ML)は、機械学習の開発と実行のためのプラットフォームを提供します。Azure Machine Learning StudioはGAになっており、Azure Machine Learningサービスは、現在プレビュー中です。

 今回、Azure Machine Learningサービスのプレビューがアップデートされました。

 「Azure Machine Learning SDK for Python」がリリースされました。Visual Studio Code、Visual Studio、PyCharm、Azure Databricksノートブック、Jupyterノートブックなど、好みのPython環境からAzure Machine Learningサービスを活用できます。

 最適なアルゴリズムを選択できる「自動化された機械学習」、最適なパラメーターを選択できる「ハイパーパラメーターチューニング」が提供されました。これによって、機械学習のトレーニング時間を短縮できます。

 分散トレーニングパイプライン

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Machine Learningサービスの自動化された機械学習

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ