このページの本文へ

「公認心理師」が国家資格化、“心理学ブーム”に備える教育界

2017年08月22日 06時00分更新

文● 週刊ダイヤモンド編集部(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2016年に立命館大大阪いばらきキャンパスに日本最大級の総合心理学部が開設され、18年には公認心理師対応の大学院が開設される 写真提供︰立命館大学

 今年9月に誕生する国家資格「公認心理師」に注目が集まっている。2017年7月、KEIアドバンスと東京大が共催した公認心理師に関する研修会には心理学関係者、学生約500人が集まった。

 今まで心理職といえば、民間資格の「臨床心理士」が代表格。1990年代後半から起きた心理学ブームで臨床心理士資格試験の受験者は2000年に1000人を突破し、近年は2600人前後で推移している。新資格は医療現場での医師との業務の関係性に違いがあるものの、患者の心理面を支えるという業務内容は臨床心理士とほぼ同じだ。

 そして他の資格の併存を許さない医師のような「業務独占資格」ではないため、将来的に臨床心理士と業務のすみ分けはされていく。

 話題となっている大きな理由は、国家の後ろ盾がある資格だということ。就職に有利になるのではという期待感があるのだ。公認心理師は民間ではなく文部科学省・厚生労働省が管轄する。両資格とも学部を卒業後、指定の大学院(主に臨床心理士指定大学院の中から公認心理師資格取得大学院を設置する予定)に進学し、受験資格を得られる。ただし、臨床心理士は卒業学部を問わないのに対し、公認心理師は心理系学部・学科卒業である点に注意が必要だ。

大学院の人気は偏差値順

 全国の臨床心理士指定大学院171校(17年4月現在。専門職大学院を含む)中、約半数が公認心理師への対応を表明した。顔触れも同志社大、立命館大、法政大、日本女子大、明治学院大、京都女子大、追手門学院大、大正大、京都文教大、愛知学院大など心理学分野での有力校が名を連ねる。これらの大学院を修了し、試験に合格すれば、公認心理師と臨床心理士のWライセンス取得が可能だ。

 一方、大学院選びでは通いやすさや募集人数も気になるところ。東洋英和女学院大学大学院は共学で東京・六本木にキャンパスを構える。目白大学大学院は募集人数が30人と多く、狙い目といえる。

 とはいえ、指定大学院の人気は「学部の偏差値順」であると大手予備校関係者は実態を明かす。

 来年には早くも臨床心理士などの心理職実務者や大学教授などを対象に、特例措置で第1回の公認心理師の国家試験が行われる。

 冒頭の研修会を開催した、臨床心理士指定大学院の受験指導に定評のある河合塾KALSを運営するKEIアドバンス・教育教材開発グループの森靖義課長は、「公認心理師の養成カリキュラムの真価や国家試験制度も不透明。ひとまず、臨床心理士を目指し、必要になったころに取得するのも一つの方法」と話す。

 注目度が高い半面、公認心理師対応の大学・大学院がどこまで広がるかは、入試の詳細を含めて、これからの話となる。

(「週刊ダイヤモンド」委嘱記者 西田浩史)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ