このページの本文へ

アリババグループQ1、売上高は56%増の8000億円

文●通販通信

2017年08月18日 09時24分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

アリババグループが17日発表した2018年3月期第1四半期(4~6月)決算は、売上高が、前年同期比56%増の約501億元(約8000億円)、営業利益は約140億元(約2240億円)となった。

チャン氏「幸先の良いスタート」

EC事業の売上高は同58%増の約430億元(約6880億円)、クラウド事業の売上高は、同96%増の約26億元(約416億円)、デジタルメディアとエンターテインメントの売上高は同30%増の約40億元(約640億円)となった。

モバイル月間アクティブ中国の小売市場のユーザーは、3月から2200万人増加した5億2900万人となった。

アリババグループCEOのダニエル・チャン氏は、「アリババグループは幸先の良いスタートを切ることができた。当社のテクノロジーは、事業全体に大幅な成長をもたらし、EC事業以外の分野でも確固たるポジションを確立させた。アリババのエコシステムを通じて、企業同士が新たなシナジーを加速させ続ける未来を楽しみにしている」とコメントした。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く