このページの本文へ

Xperia XZ Premiumロングランレポート ― 第1回

「Xperia XZ Premium SO-04J」を自腹購入! テカリすぎてどうしよう!

2017年07月07日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ハイエンドCPUのSnapdragon 835を搭載し、HDR対応の4Kディスプレーに通信速度は下り最大788Mbps。さらには新センサーを搭載して超スローモーションが撮れるカメラなど、この夏モデル最強スマホと言っても過言ではない「Xperia XZ Premium SO-04J」。これだけのハイスペックスマホは買わなきゃダメでしょ! ということで筆者は自腹で購入しました!

まさに「全部入り」のハイエンドモデルXperia XZ Premium SO-04Jを自腹購入!

 実はドコモのオンラインショップで予約していたのですが、入荷確定のお知らせが前日にも届かず、発売日に朝イチで家電量販店に走り込んでゲット。ただし店頭在庫には「Deepsea Black」はなく、「Luminous Chrome」のみ。ドコモオンラインショップの予約はDeepsea Blackだったので、全体的に黒が人気のようです。

 とはいえ、発売日に購入できないのは悔しいので「Luminous Chrome」をチョイス。店員さんは「予約がスゴイ数で、夕方だったら大変なことになってましたよ」とのこと。実際カウンターに並んでいた5人くらいはXperia XZ Premiumの購入客。出足好調のようです。

真っ白な箱で思った以上にコンパクト何度開けても新しいスマホはワクワクしますね

Type-Cのケーブルは同梱されず!
持ってない人は事前に購入必須!

 購入後は早速開封です。5.5型ディスプレーにしてはコンパクトなパッケージ。それもそのはずで、同梱物はテレビ視聴時に装着するアダプターのみ。あとはクイックスタートガイドや保証書といったペーパー類だけです。

中に入っているのはこれで全部

 かなりシンプルなのですが、充電などに使うUSBケーブルも入っていないので注意です。特にXperia XZ PremiumはコネクターがType-Cになっているので、microUSBのケーブルは使用できません。2年くらい前のモデルからの機種変更の場合は、Xperia XZ Premium購入と同時にType-Cのケーブルも購入しておいたほうがいいでしょう。

テレビ視聴用のアダプター、持ち歩くとなくしそう……

 同梱物のチェックが終わったところで、本体の撮影です。これから長期にわたってこのXperia XZ Premiumをレポートしていくので、キレイなウチに本体を撮っておこうというわけ……なんですが、やっぱりすごいテカテカですね。フロントはまだいいとしても、背面を撮影するときに、カメラで撮ってる自分の姿が映りこんでしまいます。

普通に撮ると、このようにカメラや背景が丸見えに白いパネルをたてて、そこが映るように調整します

 仕方がないので白いパネルを使って、映り込みが消える角度に調整しながら撮影します。最初黒いパネルを使ったんですが、Deepsea Blackみたいな色合いになってしまいました。本体を撮影するならDeepsea Blackのほうが良かったかな……。

白いパネルをあてた状態。結構大変なんですよテカテカはちょっと触っただけで指紋が……これは対策が必要です

 撮影でいろいろ触っていたのですが、指紋も結構目立ちますね。これは早急にケースをつけないと!

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART