このページの本文へ

ヤフー、キーワードアドバイスツールの検索ボリュームと属性別検索の提供を終了

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2017年05月11日 08時21分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ヤフーは2017年5月10日、同社の広告主向けに提供しているキーワードアドバイスツールの、一部機能の提供を終了することを発表した。

キーワードアドバイスツールは、指定した検索キーワードの検索数や時系列による変化、属性などの情報を提供する。広告主は、スポンサードサーチ(検索広告)を出稿するときの参考指標として活用している。

提供が終了するのは、キーワードを抽出したときに表示される「検索ボリューム推移」と「属性別検索割合」。2017年6月7日を持って終了する予定。なお、キーワード候補の検索数やそのデータのダウンロード、抽出されたキーワード候補を登録する機能は引き続き提供される。

【スポンサードサーチ】キーワードアドバイスツールの一部機能提供終了について
https://promotionalads.yahoo.co.jp/support/release/2017/0510464038.html

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング