このページの本文へ

Flowによる型チェックでJavaScriptのつまらないミスを防ぐ方法

2017年05月10日 18時02分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

バグの原因を探ってみると、つまらないミスだったということはありませんか。たとえば、関数に引数を渡す順番を間違える、数字の代わりに文字列を渡す、といったことはありませんか。 JavaScriptの貧弱な型システムが静的型付き言語では起こらないバグの一因になることがあります。

Flowは、2014年のScale ConferenceでFacebookがはじめて発表したJavaScript用の静的型チェッカーです。JavaScriptコードの型エラーを見つけるのを目的として考案され、実際のコードを変更する必要があまりなく、プログラマーの労力をほとんど使いません。同時に、JavaScriptに構文を追加し、開発者がより簡単に型を管理できるようにもできます。

この記事では、Flowと主な特徴を紹介します。セットアップ方法、コードに型アノテーションを追加する方法、追加したアノテーションをコードを実行するときに自動的に取り除く方法について説明します。

インストール

現在、FlowはOS X、Linux(64ビット)、Windows(64ビット)で動きます。もっとも簡単なインストール方法はnpmを使う方法です。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング