このページの本文へ

1680万色に発光、高効率な冷却可能なターボファンブレードを装備

ドスパラ、Palit製「JetStream風シリーズ」 にGeForce GTX 1080 Ti搭載カードを追加

2017年04月21日 19時17分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GeForce GTX 1080Ti JetStreamモデル」

 ドスパラは4月21日、Palit製オリジナルファンを採用したNVIDIA GeForce GTX 1080 Ti搭載グラフィックスカード2製品を発売した。

 Palit製のオリジナルファン「JetStream風シリーズ」は、RGB LEDにより約1680万色に発光、温度によって発光色が変化するほか好みの発色にカスタマイズできる。50℃未満の場合は停止するサイレントモード、10cm×2のデュアルファン、効率的なファンブレードデザインやエアフローのブラケットを持つ。

「GeForce GTX 1080Ti Super JetStreamモデル」

 「GeForce GTX 1080Ti JetStreamモデル」はGeForce GTX 1080 Tiを搭載、メモリー11GB、ベースクロック1480MHz、映像出力はDisplayPort×3/HDMI/Dual-link DVI-Dを装備。価格は9万3960円。「GeForce GTX 1080Ti Super JetStreamモデル」は基本仕様は JetStreamモデルと同等ながら、ベースクロックは1556MHzにアップしており、価格は9万9900円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ラインナップ
コンテンツ
関連サイト