このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第6回

ぺーカーレス化の第1歩、Acrobat DCでの作成方法

紙資料をスキャンし、PDFファイルを作成する

2017年05月02日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第6回は、紙資料をスキャンしてPDFファイルを作成してみる。

 

 講演や会議でもらった紙資料をPDFファイルにしておくと、紙(もとの資料)は捨ててペーパーレス化できるし、電子データ化すれば活用の幅も上がる。紙資料をデータ化するには、スキャナーで読み込む必要がある。最近のスキャナーならほとんどの製品にPDF作成ソフトが付属しているので、そちらを使ってもいい。

 もちろん、「Adobe Acrobat DC」でも作成可能だ。今回は「Adobe Acrobat DC」での作成方法を紹介しよう。

「ツール」から「PDFを作成」をクリックする

 まずは「ツール」から「PDFを作成」をクリック。作成方法から「スキャナー」を選び、歯車のアイコンをクリックして設定画面を開く。利用するスキャナーやカラーモード、解像度、用紙サイズ、品質などを設定しよう。カラーモードや用紙サイズは自動でもだいたいきちんとスキャンできるし、解像度も初期設定の300dpiあれば十分。とくに設定を調整しなくてもなんとかなる。PDFにするなら、「出力」のところが「PDFを新規作成」になっていることを確認すること。また、紙資料が何枚もある場合は、「追加のページをスキャンするように指示されます」にチェックしておこう。

 なお、TWAIN/WIAドライバーに対応していないスキャナーはプルダウンメニューに表示されないので、選択できない。この場合は、そのスキャナーに付属しているソフトでPDFファイルを作成するようにしよう。

「スキャナー」を開いたら、利用する設定のところにある歯車アイコンをクリックする
紙資料が何枚もある場合は、「追加のページをスキャンするように指示されます」にチェック。準備ができたら「スキャン」をクリックする

 設定後に「スキャン」をクリックすれば、スキャナーで読み込みがはじまる。読み込みが完了するとそのデータが表示され、確認ダイアログが表示される。ほかにも読み込みたい紙資料があるなら「他のページをスキャン」にチェックして「OK」をクリックする。全ページ読み込んだら、「スキャンの完了」にチェックして「OK」をクリックする。

スキャンが終わると確認ダイアログが開く。ほかに読み込みたい紙資料があるなら「他のページをスキャン」にチェックする
全ページスキャンしたら「スキャンの完了」にチェックする

 紙資料がPDFファイルになるので、保存すればいい。左上の保存アイコンをクリックするか、ショートカットの「Ctrl+S」キーを押す。PDFファイルを保管する場所とファイル名を指定し、保存すれば完了だ。

左上の保存ボタンをクリック
PDFファイルを保存する場所とファイル名を指定する
紙資料のスキャンからPDFファイルを作成できた

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事