このページの本文へ

「ファイルを返してほしければ、他人を感染させろ」と言われたでござる

2017年01月13日 09時00分更新

文● せきゅラボ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「身代金を支払え。あるいは、他人を巻き添えにしろ」――なにやらサスペンス映画のセリフのようだが、こんな要求をするランサムウェアが発見されている。

 ランサムウェアとは、マルウェアでファイルを暗号化して、犠牲者から金をゆすり取る攻撃のことだ。勝手にパソコンの記憶領域の一部を暗号化してしまい、「暗号化を解除して欲しければお金を払え」とデータを人質代わりにして、身代金を要求するのが主な手口。

 2016年12月に見つかった「Popcorn Time」もそのひとつ。このランサムウェアが(悪い意味で)ユニークなのは、「身代金を支払うか、誰か別の2人を感染させて彼らに支払わせるか」の選択肢を被害者に提示するところだ。

 Popcorn Timeは他の目立ったランサムウェアほど急速に拡大はしておらず、北米や東西ヨーロッパで発見されているものの、検出数も少ない。ただ、あの手この手で被害者から金をゆすり取ろうとする、近年のランサムウェアの手口については知っておいたほうがいいだろう。

 ランサムウェアでは2014年から海外で問題になっていたが、現在では日本語のランサムウェアも珍しくない。日本では2015年後半から猛威を振るっており、ニュースなどで耳にした人も多いはず。

 もちろん、法執行機関やセキュリティベンダーが黙っているわけではない。被害の大きさゆえに、技術的な対策が広がり、多くの機関やメーカーが協力してランサムウェア撲滅に取り組んでいる。例として、警察やセキュリティ会社などが協力、連携してランサムウェアに立ち向かう「NO MORE RANSOM!」という取り組みなども行われている。

 NO MORE RANSOM!にも参画しているインテル セキュリティは「McAfee Labs 2017年の脅威予測レポート」において「2017年後半にランサムウェア攻撃の量が減少し、勢いが低下する」と予想している(関連記事)。対策は講じられている、というわけだ。

 そのような状況の中、マルウェアの作成者は奇抜なアイデアで標的を増やそうとしてくるかもしれない。備えあれば憂いなし。ランサムウェアについてより深く知るために、McAfee Blog「感情に訴えかける新手のランサムウェア『Popcorn Time』」を読んでほしい。

感情に訴えかける新手のランサムウェア「Popcorn Time」

 12月初旬、新手のランサムウェア「Popcorn Time」が見つかりました。このランサムウェアは、身代金を支払うか、誰か別の2人を感染させて彼らに支払わせるかの選択肢を被害者に提示します。「Popcorn Time」とは、映画やテレビシリーズのストリーミングを行なう正規のアプリケーションです。身代金脅迫文には、7日以内にいずれかの選択肢を選ばなければ、ファイルが永久に失われると記載されています。脅威実行者が被害者に復号キーの提供を持ちかけるケースを確認したのは、これが初めてです。ランサムウェアの拡散方法としては要領が悪いように感じられますが、マルウェアの作成者は、日々確認されている無数の亜種の中で目立つために何でも行ないます。未完成コードの詳細からも、ユーザーが復号キーの入力に4回失敗すると、ランサムウェアがランダムにファイルを削除し始めることが分かっています。この不正ソフトウェアは、正規のPopcorn Timeの正当なコピーであるかのように装います。

 初めて発見されたサンプルの標的は、Windowsデスクトップ上のテストフォルダーに限られていましたが、現在このランサムウェアがデスクトップに加え、マイドキュメント、マイピクチャ、そしてマイミュージック上のファイルを暗号化することが判明しています。また、集めたお金はすべてシリアの人々の食料、医薬品、避難所に使用されると感情に訴えかけようとしてきます。マルウェアの作成者が自らの活動を有益であると偽るケースは、ランサムウェアの世界では初めてのことではありません。

 これを書いている時点では、このランサムウェアはLockyやCerberなどの目立ったランサムウェアほど急速に拡大はしていないようです。今のところ、北米や東西ヨーロッパで発見されていますが、非常に低い検出率です。また、Popcorn Timeに関連付けられたビットコイン アドレスによると、身代金を支払った人は今のところいないことが示されています。このランサムウェアの更新版が絶えず検出されている理由には、サンプル率の低さと資金を回収できていない点にあるのかもしれません。可能な限り数多くの被害者に感染させるために、マルウェアの作成者が絶えずコードを更新することはよくあります。たとえば、解析中に発見した下記のプログラム データベース ファイルによると、現在までこのランサムウェアに5つのバージョンが存在することが判明しています。

  • C:\<…..>\VERSIONS\V1.1-29.11.2016\Popcorn
    Time\Popcorn Time\obj\x86\Debug\Popcorn Time.pdb
  • C:\<…..>\VERSIONS\V1.2-30.11.2016\Popcorn Time\Popcorn
    Time\obj\x86\Debug\Popcorn Time.pdb
  • C:\<…..>\VERSIONS\V1.2\Popcorn Time\Popcorn
    Time\obj\x86\Release\Popcorn Time.pdb
  • C:\<…..>\VERSIONS\V1.3\Popcorn Time\Popcorn
    Time\obj\x86\Release\Popcorn Time.pdb
  • C:\<…..>\VERSIONS\V2.0\Popcorn Time\Popcorn
    Time\obj\x86\Release\Popcorn Time.pdb

 このランサムウェアはほかの大多数のランサムウェアと同じ手法(正規アプリを装い、ファイルの暗号化、身代金の要求)を示していますが、マルウェアの作成者が、注目を集めるために絶えず独自の方法を模索していることを改めて思い知らされます。

 Popcorn Timeは、オープンソースの「教育用」ランサムウェア Hidden Tearに基づいています。過去、何度も見てきたように、「教育用」ランサムウェアは悪用され、他人を感染させるか、身代金を支払わなければ解読できないという実世界のマルウェアとなる可能性があります。

 このランサムウェア関連すべてのサンプルは、インテル セキュリティのエンドポイント製品によって検出されています。

【関連記事】
ランサムウェア関連情報 まとめ
第5回:今だから学ぶ! セキュリティの頻出用語 : マルウェアとは?

カテゴリートップへ

30秒でわかるマカフィーリブセーフ!


新世代のセキュリティサービス「マカフィー リブセーフ」に迫る

一覧へ

McAfeeウイルス駆除サービスバナー

McAfeeウイルス被害疑似体験サイトバナー

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから