このページの本文へ

完全自動体験のVRコーナー

「セルフVRステーション」展開にドスパラが協力! TSUTAYA馬事公苑店にて導入

2016年12月28日 16時08分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドスパラは12月27日、デジカと協業し、ハイエンドVRデバイス「VIVE」の「セルフVRステーション」の展開をサポートすると発表した。

 VIVEは、ルームスケール対応のVRシステム。360度動き回ることができるモーショントラッキング、完成度の高いグラフィックを再現可能なシステムを活用している。

 セルフVRステーションは、米Valveが開発したセルフVR体験マシン。

 今回の協業により、セルフVRステーションが12月27日よりTSUTAYA馬事公苑店にて設置された。今後、全国に順次展開予定だという。

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ