このページの本文へ

宅配便ロッカー「PUDOステーション」、設置台数100台突破

文●通販通信

2016年12月28日 02時58分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8901 Packcity Japan(株)は26日、オープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」の設置台数が100台を突破したと発表した。

 「PUDOステーション」は、すべての宅配事業者が利用できるオープン型の宅配便ロッカーで、7月からサービスを開始。JR東日本との提携で首都圏の駅を中心に設置場所を拡大し、サービス開始から6カ月で設置台数100台を突破した。

 同宅配ロッカーの主な設置エリアは、東京都・埼玉県・千葉県・関西地域の鉄道駅・ショッピングモール・スーパーなど。同宅配ロッカーを利用しているのは、ヤマト運輸(株)の「クロネコメンバーズ受け取りサービス」、SFエクスプレスの「宅配便ロッカーサービス」の2社だけだが、その他の宅配会社も順次利用を開始する予定。

 同社は同ロッカーを17年に1000台、22年に5000台以上設置することを目指している。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く