このページの本文へ

キンドル読み放題サービスで講談社全作品が削除、抗議声明も

文●通販通信

2016年10月04日 05時05分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image (株)講談社は3日、アマゾンジャパン合同会社の電子書籍読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」で、講談社が提供していた1000を超える書籍・雑誌が配信停止されたとして、抗議声明を発表した。

 同社は8月3日から同サービスに1000を超える書籍・雑誌のタイトルを提供してきたが、アマゾン側の一方的な事情で、同社ランキングで上位に入る十数の出版物が連絡もなく配信停止された。同社は読者や著作者に理解が得られないため、アマゾン側に強く抗議し、原状復帰を求めていた。しかし、要望は受け入れられず、9月30日以降、新たに同社が提供する全作品が同サービスから削除された。

 同社は「アマゾン社の配信の一方的な停止に対して強く抗議いたします。サブスクリプション・モデルと呼ばれる定額のコンテンツ提供サービスの健全な発展のためにも、引き続きアマゾン社には善処を求めてまいります」としている。

 アマゾンは8月3日、月額980円(税込)で12万冊のKindle電子書籍が読み放題となる定額サービス「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」を開始。人気作家のベストセラー書籍や人気コミックも読み放題となることから注目を集め、利用者を拡大させていた。

 両社は個別の契約内容について明らかにしていないが、同サービスでは1ページごとに著作権者側に課金されるシステムになっているため、講談社の人気作品がアマゾン側の予想を超えたページビューに達したことで、アマゾン側が配信を停止させたとみられる。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く