このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第165回

コマンドプロンプトからベンチマークを実行し、結果を確認

Windows 10にはPCの性能を計測する機能はないの?

2016年09月19日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

以前のWindowsエクスペリエンスインデックスの画面

調査依頼
Windows 7のエクスペリエンスインデックスみたいな機能はないの?

 Windows Vista/7では、PCの性能を計測する「Windowsエクスペリエンスインデックス」という機能を備えていた。CPUやメモリー、グラフィックス、ストレージの性能を簡易的なベンチマークで計測してくれるのだ。Windows 8からこの機能がコントロールパネルから消えてしまったのは残念。しかし、機能自体はWindows 10でも残っているので、利用することができる。

Windows 10ではWindowsエクスペリエンスインデックスを利用できない
Cortanaに「cmd」と入力し、「コマンドプロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」を選ぶ
「winsat formal」と入力する

 まずは、コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、「winsat formal」と入力する。ベンチマークテストがスタートするのでしばらく待ち、完了後にプロンプトが表示されたら「exit」と入力して終了する。

ブラウザで「WinSAT Viewer」のページを開く
「C:¥Windows¥Performance¥WinSAT¥DataStore」フォルダーを開く
「2016-日時 Formal.Assessment (Recent).WinSAT」ファイルをドラッグ&ドロップすると結果を確認できる

 すると、「C:¥Windows¥Performance¥WinSAT¥DataStore」フォルダーに「2016-日時 Formal.Assessment (Recent).WinSAT」といったファイルが作成されている。このファイルを開くと、テスト結果を確認できる。とは言え、そのままでは見づらいので、「WinSAT Viewer」(http://winsat.aroundit.net/ja/)を開き、ドラッグ&ドロップしよう。すぐに従来のエクスペリエンスインデックスに似たUIで結果を表示してくれる。


これでズバッと解決!

 「Windowsエクスペリエンスインデックス」はなくなったが、コマンドプロンプトからベンチマークを実行し、結果を確認することは可能


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン