このページの本文へ

キタムラ、18億円の純損失…店舗販売が低調

文●通販通信

2016年08月15日 09時12分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (株)キタムラが12日発表した2016年3月期第1四半期(4~6月)決算は、売上高が7.6%減の320億7600万円、17億1400万円の営業損失(前年同期は17億2100万円の営業損失)、18億6200万円の純損失(前年同期は19億5800万円の純損失)となった。

 すべての活動を「プリントにつなげる」戦略を強化したが、店舗販売でのデジタルカメラ、スマートフォンなどの販売が低調で、減収減益となった。レンタル事業では、コミックレンタルやゲームソフト販売が好調に推移したが、CDレンタル・DVDレンタルが不調で売上高が減少した。その他、写真卸販売と医療機器卸販売が減収減益となったが、服飾卸販売とパソコン販売・修理サービスなどのその他事業は、増収増益だった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く