このページの本文へ

プリペイド決済市場、17.6%増の7.5兆円に拡大

文●通販通信

2016年07月08日 05時26分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グラフ (株)矢野経済研究所が7日発表した「プリペイド決済市場に関する調査(2016年)」によると、2015年度のプリペイド決済市場規模は、前年度比17.6%増の約7.5兆円に拡大した。

 同調査では、事前にチャージ・購入してカードやモバイル端末で決済できるサービスを「プリペイド決済サービス」と定義。決済サービス提供事業者や導入支援事業者を対象に、直接面談などで調査した。調査期間は1月~5月。

 15年度のプリペイド決済サービス市場は、非接触ICチップに記録した残高データで決済する「非接触IC型電子マネー」が堅調に拡大し、同17.6%増の約7.5兆円となった。16年度はカードでなくサーバーで残高などのアカウントを管理する「サーバー管理型電子マネー」が拡大し、同15.8%増の約8.7兆円に拡大すると予測した。

 プリペイド決済市場では、ポイントプログラムなどのCRMとの融合が進んでいるほか、スマートフォンを利用したプリペイド決済サービスの利用者も拡大している。同調査では、今後はハウスカード型から汎用性のあるカードに移行しながら堅調に推移し、21年度までに約13兆円まで拡大すると予測した。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く