このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第113回

安心してください、対処法はいくつかあります!

Windows 10で動作しないアプリがある……!?

2016年05月22日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

ソフトを実行しようとしてこの画面が出たら「詳細情報」をクリック

調査依頼
Windows 10で動作しないアプリがある……!?

 Windows 10に無償アップグレードして、それまで利用していたアプリがインストールできなかったり、動作しないという相談を受けることがある。いくつか対処法があるので紹介しよう。

「実行」ボタンが現れるので、ソフトの素性を把握しているならクリックする

 まず、ソフトをインストールする際、Windows 10の「SmartScreen」機能により警告が出る場合。ユーザーがそのソフトの出所を把握しているなら、強制的に実行・インストールすることができる。警告画面が出たら「詳細情報」をクリックすると、「実行」をクリックできるようになる。

ウィザードが起動する。そのまま「次へ」をクリックすると最後にエラーになることが多い

 次に、「現在稼働中のOSをサポートしていません」のように表示される場合。ソフトのOSチェックが、将来出る新しいバージョンを想定していない場合に起きる。その無用のチェックさえなければ、正常に動作するケースも多い。そんな時は、起動方法をカスタマイズする。ソフトの実行ファイルのプロパティから設定することもできるが、今回は初心者向けにウィザードを使って簡単に設定してみる。

まずは「管理者として実行する」をクリックしてスタート
問題のプログラムを選択する
分析が終わったら「推奨設定を使用する」をクリックする

 まずはコルタナに「プログラムの実行」と入力すると、「以前のバージョンのWindows用に作成されたプログラムの実行」という項目が現れるのでクリックする。ウィザードが起動するので、まずは詳細設定から管理者権限で実行。

「プログラムのテスト」をクリックして実行を確認する
設定を保存すれば、次回以降はそのまま起動できるようになる

 続いて、インストール済みの項目からエラーが起きるソフトを選ぶ。インストールしていないソフトなら「一覧にない」を選び、ファイルを指定する。「次へ」をクリックすると分析されて選択肢が表示されるので「推奨設定を使用する」を選ぶ。推奨設定で無事起動できれば完了だ。


これでズバッと解決!

 「SmartScreen」は詳細情報から強制起動できる。OSチェックではねられるなら「以前のバージョンのWindows用に作成されたプログラムの実行」ウィザードで互換モードを有効にすればいい


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン