このページの本文へ

佐川急便と日立物流が資本提携、ヤマト運輸抜き業界2位へ

文●通販通信

2016年03月31日 00時43分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image 陸運業界3位のSGホールディングス(HD)と、日立製作所の子会社で同4位の日立物流は30日、物流分野で資本・業務提携すると発表した。これにより、業界2位のヤマトHDを抜き、首位の日本通運に次ぐ業界2位のグループが誕生する。

 国内貨物需要が伸び悩むなか、宅配便を得意とする佐川急便と、物流情報システムの構築に優れ、企業間物流に強い日立物流が提携することで、総合物流グループとして競争力を強化する。まずは、SGHDが日本物流の29%を875億円、日本物流が佐川急便株の20%を663億円で5月中旬にそれぞれ取得する。

 今後、物流拠点やトラックの共同利用や、IT・物流技術を駆使した最先端物流への取り組み、アジアを中心としたグローバル事業の強化、不動産、システム事業の相互活用など、幅広い分野で業務の効率化に取り組む。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング