このページの本文へ

タップしてから上下にスワイプで露出補正!

iPhoneのカメラ、暗い場所で明るい写真を撮るには?

2016年03月31日 18時00分更新

文● つばさ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iPhoneで露出補正をしてみましょう

 こんにちは、つばさです。

 iPhoneで写真を撮るときに、暗いな〜と思ったことはありませんか?

 iPhoneのカメラアプリには、露出補正機能がそなわっています。撮影画面でディスプレーをタップすると、フォーカスのマークと、その右側に太陽のアイコンが出現します。

ディスプレーをタップして、太陽のアイコンを出現させましょう!

 この太陽のアイコンをホールドして、上下に動かすことで、露出補正が可能です。上に動かすとプラス補正、下に動かすとマイナス補正です。もう一度ディスプレーの適当な位置をタップすると、補正がリセットされます。

太陽のアイコンを上下に動かすことで露出補正ができます。

 暗所での撮影や、反対に意図的に写真を暗くしたい場合などに使えるTipsです。ぜひ写真撮影のときに活用してみてください。

※このTipsはiOS 9.3で検証しました。

■まとめて読みたい方はこちら


■つばさが紹介したiPhoneテクニックが動画になりました

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中