このページの本文へ

キャンペーン期間は2月26日12時まで

15.6型ノートが最大8万9640円引き 「梅の花咲くセール」-東芝ダイレクト

2016年02月20日 07時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Room1048会員」に登録し、「東芝ID」を取得しているユーザーを対象に値引きを実施する

 東芝のウェブ直販サイト「東芝ダイレクト」では、対象のパソコンがキャンペーン価格で購入できる「梅の花咲くセール」を開催中だ。キャンペーン期間は2月26日12時まで(2月19日現在。最新の構成例/価格は東芝ダイレクトを参照のこと)。

 キャンペーンは東芝ダイレクトの「Room1048会員」に登録し、「東芝ID」を取得したユーザーが対象となる(会員価格での購入はログインが必要)。会員登録は無料。

 15.6型ノートパソコンの2016年春モデルのキャンペーン対象は、「dynabook AZ85/U」「dynabook AZ75/U」「dynabook AZ65/U」「dynabook AZ55/U」「dynabook AZ45」。全機種とも、OSはWindows 10 Home(64bit)を採用している。

キャンペーン対象は、「dynabook AZ85/U」「dynabook AZ75/U」「dynabook AZ65/U」「dynabook AZ55/U」「dynabook AZ45/U」の5機種

 dynabook AZ85/Uは、Core i7-6700HQ(2.6GHz)、8GBメモリー、1TB ハイブリッドHDDという構成だ。ディスプレーは15.6型で、解像度は1920×1080ドット。Blu-ray Discドライブを内蔵する。価格は、8万6400円引きで11万4480円。Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載するモデルも用意し、こちらの価格は8万8560円引きで13万2840円。

 dynabook AZ75/Uは、Core i7-6500U(3.1GHz)、GeForce GTX 950M、8GBメモリー、1TB ハイブリッドHDDという構成だ。ディスプレーはタッチ対応の15.6型で、解像度は1920×1080ドット。Blu-ray Discドライブを搭載する。価格は、8万3160円引きで12万8520円。Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載するモデルも用意し、こちらの価格は8万5320円引きで14万6880円。

 dynabook AZ65/Uは、Core i7-6500U(3.1GHz)、GeForce 930M、8GBメモリー、1TB ハイブリッドドライブという構成だ。ディスプレーは15.6型で解像度は1920×1080ドット。Blu-ray Discドライブを搭載する。価格は、8万7480円引きで11万2320円。Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載するモデルも用意し、こちらの価格は8万9640円引きで13万680円。

 dynabook AZ55/Uは、Core i7-6500U(3.1GHz)、8GBメモリー、1TB ハイブリッドドライブという構成だ。ディスプレーは15.6型で、解像度は1920×1080ドット。Blu-ray Discドライブを内蔵する。価格は8万3800円引きで10万5300円。Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載するモデルも用意し、こちらの価格は8万5860円引きで12万3660円。

 dynabook AZ45/Uは、Core i5-6200U(2.3GHz)、8GBメモリー、1TB HDDという構成だ。ディスプレーは15.6型で、解像度は1930×1080ドット。DVDスーパーマルチドライブを搭載する。価格は、7万1820円引きで8万8020円。Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載するモデルも用意し、こちらの価格は7万3980円引きで10万6380円

カテゴリートップへ

インテルバナー