このページの本文へ

Twitterなどで報告相次ぐ

iOSのSafariが突然落ちる? 対処方法は?

2016年01月27日 20時29分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Safariが強制終了する現象がTwitterなどで多数報告されている

 iOSのSafariが突然終了するという不具合が、1月27日夕方頃からTwitterなどで多数報告されている。

 不具合の内容は、SafariのアドレスバーをタップするとSafariが強制終了してしまうというもの。世界中で同様の報告が相次いでいるため、原因はSafariのバグかもしくはアップル側の不具合だと考えられる。編集部のiPhoneで試したところ、OS最新バージョンのiOS 9.2.1でも同様の現象を確認した。

Safari強制終了を回避するには?

 この現象を回避するには、「設定>Safari」から「Safari検索候補」をオフに。iTunes、AppStore、位置情報からの検索サジェストは利用できなくなるが、アドレスバーをタップしてもSafariが強制終了しなくなる。

「設定>Safari」から「Safari検索候補」をオフに

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】黙ってられんWin10無償アプグレ!徹底討論

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください