このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ ― 第98回

ダジャレじゃないか……

恵方巻きの法則がみだれる! くら寿司「まめ巻」を食べた

2016年01月13日 17時00分更新

文● コジマ/アスキー・ジャンク部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「今年の恵方巻きは節分にちなみ、豆大福を使った『まめ巻』です!」
 「おっ、それいいねえ〜! 採用っ!」

 ……という会話があったかどうかは知らないが、今年のくら寿司の恵方巻きはすごい。豆大福をまるごと2つも使用した大福恵方巻、その名も「まめ巻」を発表したのだ(関連記事)。実物が編集部に届いたので、さっそく食べてみよう。

一応、断面図を確かめてみるべく、包丁を入れる
やっぱり豆大福しか入ってないじゃないか(呆れ)

 まめ巻は、その名の通り、豆大福を巻いた太巻きである。それ以外に、特に奇をてらったところはない。大福が巻いてある時点で、十分に「奇」なんだけれども。

 あんこや生地、砂糖は北海道産のものを厳選。黒大豆には、大豆イソフラボンやポリフェノールを豊富に含んだ「黒千石」を使用している。小粒の黒豆が入ったもっちりとした大福と、それを包むシャリ、ノリとの組み合わせにより、様々な食感が楽しめるという……いやいや。はたして、楽しめるものになっているのだろうか。

 ともかく、恵方巻きは恵方巻き。ちょっと気分は早いが、ちゃんと恵方を向き、無言になって、一本まるごと食べてみることにした。

今年の恵方は「南南東」。iPhoneのコンパスで方位を確認する
恵方を向いて無言で食べるジャンク部・コジマ

 食べてみると、豆大福のもっちりとした食感と甘さ、酢飯の風味とノリの香りが合わさり……あれ、意外と普通だ。複雑な味ではあるが、気持ち悪くなる感じというよりは、「まとまっている」と評してもいいほど。おそれていた以上に、キワモノなテイストではない。

 ポイントは酢飯にある。口に入れて噛みしめると、大福の甘味は確かに強く感じられる。ただ、そこから酢の酸味が全体を引きしめるので、すっきりした後味が残るのだ。甘いものを巻いた寿司なんて……と考えていたが、結構、好きになる人もいるのではないだろうか。

アスキーのグルメレディー・ナベコの感想は……「おはぎみたいなものと考えればアリですよね。酢飯って、こんなに味を引き締めるんだなと実感しました」

 また、恵方巻きということで、しょうゆを付けての実食にも挑戦。しかし、これは失敗だった。味のバランスが壊れ、しょうゆと酢の味が強くなってしまい、大福の甘さが死んでしまう。このあたり、くら寿司は知恵をしぼって、味付けに絶妙な調整をほどこしているようだ(と思う)。

しょうゆを付けてみるも、イマイチな味に。おすすめはできない

 ちなみに、昨年販売され話題になった「まるごといわし巻」は、今年も販売が継続。海苔に骨をプリントして見た目がパワーアップしている。まるごと一本塩焼きにしたマイワシと、大葉、梅肉が巻かれており、魚本来のおいしさが楽しめる。魚本来もなにも一匹まるまる入ってるじゃないか、などとツッコむのは野暮だろう。

強烈すぎるビジュアルの「まるごといわし巻」も健在。アニメで料理下手なヒロインが作ったトンデモメニューみたい。スターゲイザーパイ(イギリスの料理。むやみに検索してはいけない)のようにも見える

 まめ巻は237円、まるごといわし巻は378円。各1万本限定となっている。全国の「無添くら寿司」各店舗で予約受付、2月3日店頭にて受け取りとなる。ちなみに、「七福巻」「豪華かに太巻」など全7種の恵方巻を取り揃えているので、大福といわし以外にも選択肢はあるぞ。

 というわけで、今回のジャンク部はくら寿司のまめ巻でした。ごちそうさまでした。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社