このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 ― 第51回

バーナーを初めて使う手間がかかった商品!食べてきました

ミスドの期待作「クリームブリュレドーナツ」、キーワードは「丁寧」

2016年01月04日 12時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、アスキーの食いしん坊担当ナベコでございます。

 みんな大好き、街のドーナツ屋さん『ミスタードーナツ』では、1月5日から新たな自信作『クリームブリュレドーナツ』を発売します。

 キーワードは“丁寧”。

 「新食感」とか「柔らかい」とか「香ばしい」とか、味を表現するフレーズではなく、丁寧さを押し出してくるとは!

 いったい、どれだけ丁寧なのでしょう? 調理行程を一部見させてもらいました。

ミスタードーナツのキッチンをのぞいてきた

 お客さんは通常見ることができない、ミスタードーナツのキッチンに入ってきました!

 クリームブリュレドーナツの生地は、シュー生地。専用の機械で生地をこね上げ、フライヤーに落として揚げていきます。

小麦粉など素材を配合して専用の機械でこねあげ、シュー生地のタネをつくります。
造形しつつフライヤーに落とし入れ。
ジュワーっと油で揚げます。当然高温なので絶対触れません。

 『クリームブリュレドーナツ』の場合、しっかり油に沈めて比較的長時間揚げることで、生地がふくれてドーナツ中央の空洞が埋まっていくということ。

 生地を揚げたクリームブリュレドーナツはパンパンに膨れていて、コロッと丸いです。

 揚げたてのドーナツ、このままでもおいしそう、食べたい!

 ……、と、キッチンで「味見」と称したつまみ食いを切望しましたが、仕上げはまだまだこれから。

 ドーナツの中央部分にたっぷりカスタードクリームを塗ります。このカスタードクリームは、既存の商品にはないもの。本商品のためにあらたに開発したという、こだわりのカスタードです。

 お次は2種類の砂糖をまぶしていきます。砂糖は味付けと、品質を保つ効果のふたつの意味合いがあるんですって!

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社