このページの本文へ

Swiftへのシフトはますます進むかもしれない

アップル、プログラミング言語「Swift」をオープンソース化

2015年12月04日 13時39分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2014年のWWDC。基調講演の終盤で発表されたのが「Swift」だった

 アップルは12月3日(現地時間)、同社のプログラミング言語「Swift(スウィフト)」をオープンソースにしたことを発表した。

 Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語。LLVMコンパイラが使われており、ライブコーディングに対応していることが特徴。

 SwiftオープンソースコードはGitHubから入手することができ、これには、iOS、OS X、watchOS、tvOSといったアップルのすべてのプラットフォームのほか、Linuxのサポートも含まれている。

 提供されるコンポーネンツにはSwiftコンパイラ、デバッガー、標準ライブラリ、基本ライブラリ、パッケージマネジャーREPLが含まれる。SwiftはApache 2.0オープンソースライセンスの下でライセンスされる。

 アップルはこれにあわせ、技術文書、コミュニティリソース、Swiftのソースコードがダウンロードできるリンクなどを含む、Swiftオープンソースに関する詳細な情報を提供する「Swift.org」を立ち上げている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中