このページの本文へ

待望のiOS版がリリース! iPhoneでFirefoxが使えるように!

2015年11月13日 09時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

待ってた! 火狐がiPhoneに!
iOS版Firefoxがついにリリース!

 Mozillaは11月12日(現地時間)、iOS向けのブラウザー「Firefox」をリリースした。

 え、今までなかったの? と思わずこぼしてしまうかもしれない。このたび、iOS版のFirefoxがリリースされることとなった。PCやAndroidスマホなら当たり前のように利用され、世界的にもユーザーが多いブラウザーであるFirefox。実はiOS版はこれまでなかったのである。

iPadでも使えるように!

 そんなFirefoxが特に力を入れているのがプライバシーとセキュリティー。

 「プライベートブラウジング」というモードは、アイコンをタップするだけで履歴やCookieを保存しない状態になる。当然これまでの検索履歴なども見られなくなるので、スマホを他人に貸すときにうれしい機能だ。例えば友達に「このサイト見てみなよ」と自分のスマホを手渡すときに、ブラウザーに自分の検索履歴が残っているとちょっと気まずい状態になることもあるだろう。もちろん、「自分の検索履歴にやましいことはない」という人には必要ない機能かもしれないが、何を検索しているかを他人に知られるのは恥ずかしいし、社外秘の話題があったりするとそれはそれで問題だ。しかし、このモードならそういった心配なく、スマホを貸し出せる。

削除したい項目を細かく設定できる
プライベートブラウジング中。履歴などは表示されなくなる

 また、プライベートデータの消去も事細かに設定可能なので、履歴は消したいけどキャッシュは残したいといったことも可能だ。

 ほかのOSのFirefoxと同じように「Sync」を使えばハードウェアをまたいでのブラウジングが可能。これはいわゆる同期で、自分のIDでFirefoxにログインすれば、ほかの端末で使っているブックマークやパスワード、設定をすべて利用できる。PCで地図を調べて、そのまま出先でスマホを使って続きを検索するなんて使い方もできる。

検索の予測変換も充実。探している単語があれば下の文字をタップすればすぐに検索してくれるPCなどでFirefoxを使っている人には便利なSync機能

 iOSではSafariを利用している人が多いかと思われるが、PCでFirefoxに慣れ親しんでいる人、Safariの機能に満足していない人はダウンロードしてみてはいかがだろうか。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中