このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第20回

メインストリームサポートフェーズが終了

Microsoft Office 2010は10月13日以降使えない?

2015年10月12日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィ’S Factory 編集●E島/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

調査依頼
Microsoft Office 2010は、10月13日以降そのまま使えない?

 結論から伝えると、Microsoft Office 2010は2015年10月13日でメインストリームサポートフェーズが終了する。以降は、セキュリティ更新プログラムのみが無償提供され、サポートは有償となる。つまり、使おうと思えば、2020年10月までは使えるということだ。


Office 2000以前、 XP、2003 サポート終了
Office 2007 Windows XP SP2以降のOSを2017年10月10日まで延長サポート
Office 2010 Windows XP SP3以降のOSを2020年10月13日まで延長サポート
Office 2013 Windows 7SP1以降のOSを2018年4月10日までメインストリームサポート、2023年4月11日まで延長サポート
Office 2016 Windows 7SP1以降のOSを2020年10月13日までメインストリームサポート、2025年10月14日まで延長サポート

 他のOfficeについての調査結果も報告する。Office 2003以前のバージョンはサポートが終了している。Office 2007は2012年でメインストリームサポートが切れているが、延長サポートフェーズは2017年10月10日までとなっている。Office 2013はまだメインストリームサポート期間だ。2018年4月11日から延長サポートになり、2023年まで利用できる。

Windows 10でもOffice 2010を使い続けることは可能

 ちなみに、9月23日に最新バージョンのOffice 2016がリリースされた。こちらは、メインサポートが2020年10月13日、延長サポートが2025年の10月14日となっている。

Office 2016の価格は3万2184円で、家庭では1ライセンスでPC2台までインストールできる

これでズバッと解決!

 延長サポートフェーズが2020年10月までなので、そこまでは利用できる。Office 2003以前はもうサポートが切れているので使わないほうがいい。


 Windows 10にまつわる疑問、解決したい問題などを「Windows 10探偵団」では絶賛募集中です。下記の入力フォームからお送りください。




 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


編注:初出記事をよりわかりやすく変更しました。(2015年10月13日)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART