このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

大人の夏休み自由研究 ― 第1回

Windows 3.1から10まで10個のWindowsを同時に起動してみた(10~Me編)

2015年08月12日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 3.1から95、98、2000、Me、XP、Vista、7、8、10を仮想OSソフトを使って同時起動にチャレンジ!

 夏休み企画ということで、いつかやってみたかったことの1つであるすべてのWindowsの同時起動にチャレンジしてみた。Windows 3.1から95、98、2000、Me、XP、Vista、7、8、10の合計10個。手持ちで足りなかったOSは編集部から借りるなどして、何とか揃えた。

 利用する仮想OSソフトは「VirtualBox」と「VMware Player」。動作させるPCは「第94回 6画面ディスプレーに出力できるPCを自作する技【後編】」で作成した自作PCだ。3年以上前に組んだものだが、メモリーを16GB搭載しているので、今でも問題なく使える。

Windows 10のインストールは超簡単

 新しいOSほどインストールが簡単なので、まずは10からインストールする。まずは、Windows 10 InsiderPreviewのビルド10162のISOファイルからインストールし、アップグレードする。「ここが変わったWindows 10 ― 第73回 Windows 10を手動でアップデートするテク」で紹介した手順で、製品版のISOファイルもあるのだが、プロダクトIDがないため。とは言え、Windows 10のプレビュー版は最新機能が使えるし、更新すればずっと使い続けられる。ちなみに、仮想OSソフトを実行している環境はWindows 10の製品版。

 まずは、「VirtualBox」にインストールしてみる。標準で設定が用意されているので、Windowsのバージョンを選択し、ウィザードに従うだけで仮想マシンを作成できる。その後、インストール用のISOファイルを設定して、インストールすればいい。

「VirtualBox」を起動し、「新規」をクリックする仮想OS名を入力し、インストールするWindowsのバージョンを選択する
仮想メモリーに割り当てるメモリーサイズは標準設定のままでOK仮想HDDを作成する
仮想HDDのファイルタイプを選べる。標準のVDI形式でOKストレージを節約するために、仮想HDDは可変サイズでいい
容量も標準設定で何とかなるが、Windows 10のみ、ちょっと増やしておいたほうがいいかもしれない作成した仮想マシンを起動し、Windows 10のISOファイルを指定すると、インストールが始まる
仮想マシンでWindows 10が起動した

Windows 7/8も問題なくインストールできた

 Windows 8はメモリ2GB、HDDは50GBに設定、Windows 7はメモリ512MB、HDDは25GBに設定し、光学ドライブにセットしたインストールメディアからインストールした。どちらも何の問題もなく完了し、見慣れたデスクトップが表示された。

Windows 7 Professionalをインストール。2011年からまる3年以上使い込んだOSだ
Windows 8もスムーズにインストール。ローカルアカウントでセットアップした。筆者はすぐに8.1にしたので、ちょっと慣れない感じだ

次ページでは、「Windows VistaはCD-ROM4枚組!

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART