このページの本文へ

ネット接続なしでアナウンスを各国語に翻訳・文字表示

JAL×ヤマハ、空港アナウンスで外国人観光客を「おもてなし」

2015年06月19日 18時48分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「おもてなしガイド」画面イメージと利用イメージ

 日本航空(JAL)とヤマハは6月19日、日本語から外国語への自動翻訳技術を活用し、空港で日本語アナウンスを自動翻訳する「おもてなしガイド」アプリの実証実験を行なうと発表した。

 ヤマハの提供する「おもてなしガイド」アプリを外国人旅行者が各自のスマホにダウンロードして利用する。アプリはインターネット接続なしにJAL係員が肉声でアナウンスしている内容を翻訳、文字情報でスマホ画面に表示する。

1つのアナウンスで多言語に自動翻訳

 さまざまな国からの旅行者が行き交う空港では、すべての言語でアナウンスするのが難しいこともあり、アナウンスを各自スマホで翻訳して情報を得ることのニーズやアプリの機能性を実証実験で確かめる。JALとヤマハでは、Sound UD(ユニバーサルデザイン)として、外国人観光客や聴覚に問題がある人向けに「音のユニバーサルデザイン化」を進めるという。

 実証実験は6月22日~9月30日まで実施、JAL国内線搭乗口(JAL221便、JAL229便)にて日本語/英語/中国語の3ヶ国語で提供する。アプリはiPhone(iOS 7.0以降)でApp Storeにて無償公開される。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】水着だらけのPCゲーミング大会

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください