このページの本文へ

Haswell世代以降のCPU搭載機が中心

レッツノートのWindows 10対応状況をパナソニックが公開

2015年06月18日 20時14分更新

文● 小林/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは6月18日、同社の販売するモバイルPC「レッツノート」「タフブック」「タフパッド」各シリーズのWindows 10対応状況についてサポートページを開設した。対応機種として紹介されているのは、2013年6月以降のレッツノートで、以下のシリーズとなる。

 型番の末尾に4が付く、Broadwell世代の製品は基本的に対応。また2013年6月発表のHaswell世代の機種も該当する。より詳しい情報についても順次更新していく。

対応シリーズ

・2013年6月以降に発売のレッツノート

CF-RZ4シリーズ、CF-MX4シリーズ、CF-SX4シリーズ、CF-NX4シリーズ、CF-LX4シリーズ、CF-AX3シリーズ、CF-MX3シリーズ、CF-SX3シリーズ、CF-NX3シリーズ、CF-LX3シリーズ

タフブック、タフパッド

CF-C2Cシリーズ
FZ-G1Fシリーズ、FZ-M1Aシリーズ、FZ-M1Cシリーズ
UT-MB5シリーズ、UT-MA6シリーズ

カテゴリートップへ

レッツノート 最新ラインナップ