このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

渡辺由美子の「誰がためにアニメは生まれる」 ― 第39回

【後編】『SHIROBAKO』プロデュース 永谷敬之氏(インフィニット)インタビュー

「SHIROBAKOを最後に会社を畳もうと思っていた」――永谷P再起の理由

2015年07月12日 15時00分更新

文● 渡辺由美子(@watanabe_yumiko) 編集●村山剛史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
(C)「SHIROBAKO」製作委員会

前編はこちら

 「じつはこの作品が終わったら、アニメ業界を辞めようと思っていました」。

 アニメ業界を舞台にしたテレビアニメ『SHIROBAKO』のプロデュースを務めた永谷敬之氏から、衝撃的な発言が飛び出した。

 24歳のときにアルバイトから業界に入った永谷氏は、『新世紀エヴァンゲリオン』のプロデューサー大月俊倫氏の元で仕事を学んだのち、独立して会社を立ち上げた。

 会社が掲げる目標の1つは「作品を10年運用する」こと。けれど自身には、30代後半になって業界に居続けることへの不安があったという。

「『SHIROBAKO』に教わった」と語る永谷氏の“心変わり”とはどんなものだったのか。

 すべての仕事を続ける人必読の、発見と再起の物語。

プロフィール:インフィニット代表 永谷敬之氏

TVアニメ『SHIROBAKO』のプロデュースを担当したインフィニット代表 永谷敬之氏

 1977年生まれ。広島県出身。株式会社インフィニット代表取締役。

 スターチャイルド、バンダイビジュアルのプロデューサーを経て独立、株式会社インフィニットを設立。

 以降、P.A.Works作品『true tears』『CANAAN』『花咲くいろは』『TARI TARI』『凪のあすから』『グラスリップ』『SHIROBAKO』や、『はたらく魔王さま!』『天体のメソッド』等のプロデュースを手掛ける。


『SHIROBAKO』ストーリー

 シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事であり、ひとつの作品が完成した際に、制作者が最初に手にする事が出来る成果物である。
 イラストや写真等で華やかに作られている販売用パッケージと比べれば、白い箱に入っただけのテープは地味かもしれない。
 しかし、そこにはクリエイター達の想いが詰まっている。

 この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て、日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。

 そして、5人が共に目指した夢への挑戦。その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。

 そう、アニメの今がここにある……。

(C)「SHIROBAKO」製作委員会

スタッフ
原作:武蔵野アニメーション、監督:水島 努、シリーズ構成:横手美智子、キャラクター原案:ぽんかん⑧、アニメーションキャラクターデザイン:関口可奈味、プロデュース:インフィニット、アニメーション制作:P.A.WORKS、製作:「SHIROBAKO」製作委員会

キャスト
宮森あおい:木村珠莉、安原絵麻:佳村はるか、坂木しずか:千菅春香、藤堂美沙:髙野麻美、今井みどり:大和田仁美 ほか

Blu-ray/DVD『SHIROBAKO』第7巻 初回生産限定版は7月29日発売!

(C)「SHIROBAKO」製作委員会

Blu-ray+CD/DVD+CD
発売日:7月29日、価格:1万1800円(税抜)、収録話数:19話~21話+『第三飛行少女隊』第1話
初回生産限定版特典
・キャラクター原案ぽんかん⑧描き下ろしイラスト三方背ケース
・キャラクターデザイン関口可奈味描きおろしデジパック仕様
・劇中劇アニメーション『第三飛行少女隊』第1話
・特製ブックレット(40P予定)
・9/20実施予定のスペシャルイベント優先販売申込券

映像特典
木村珠莉制作現場潜入取材VTRその7(仮)
音声特典 オーディオコメンタリー
キャストコメンタリー(収録話のうち1話)、スタッフコメンタリー(収録話のうち1話)

■Amazon.co.jpで購入

7年前の作品『true tears』の新グッズが未だに発売される理由
「作品を10年運用する会社です」

―― アニメ業界を舞台にした『SHIROBAKO』で、永谷さんは企画会社のPとして資金集めや宣伝などを担当されていらっしゃるということでした。では、企画会社であるインフィニットならではの特色を挙げるとすれば?

永谷 インフィニットはほぼ僕の個人会社です。特に意識しているのは「作品を後世に残す取り組み」です。一緒に組んでいただく方には、「作品を10年運用します」という言葉で説明しています。

 うちのインフィニットショップを見ていただくと、『true tears』など過去にテレビ放送した作品の商品も置いています。『true tears』は、P.A.WORKSさん(『SHIROBAKO』のアニメ制作会社)と最初に手がけた作品なのですが、未だに商品を作って売り続けています。

■Amazon.co.jpで購入

―― 過去作品の商品も作り続けていると。そうした過去作品はどのくらいの利益を生むものなのでしょうか?

永谷 過去作品による金銭的な利益は……あればあったに越したことはないですけれども、ショップを見ていただければわかるように、店構えからしてオフィスビルの地下ですし、「お客さんを入れてどんどん売ってショップとしての売り上げを確立しましょう」といったことを目指している会社ではありません。

 商品を販売することは、利益が第一目的ではないんです

―― 利益ではない?

(次ページでは、「「僕がやりたいです、以上。」で終わらせるために起業した」)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART