このページの本文へ

スマホと同じく2年くらいは確実に利用できそうだ

Apple Watchのバッテリーは1000回の充放電でも容量80%キープと公式で明言

2015年04月27日 16時52分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
バッテリーに関するサービス&リサイクルポリシーのページ

 アップルはアメリカ版公式サイトで「Apple Watchのバッテリーは1000回の充放電でも80%の性能を維持する」と明言した。

 これはバッテリーに関する性能保証に関するポリシーのページに記載されている。またiPhone、iPad、MacBookそれぞれにバッテリーに関する性能保証ポリシー(とバッテリー不良の際の対応)が記載されているが、Apple Watchについては完全充放電1000回で80%以上の性能を維持と明記している。保証期間(Apple WatchとApple Watch Sportは1年、Apple Watch Editionは2年)内において性能低下した場合は、直営店などで修理サービスを申し込める。

 Apple Watchが保証対象外で、同社の診断テストでバッテリーの容量が元の完全充電容量の80%未満だと判明した場合は、保証対象外バッテリーサービスという選択がある。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中