このページの本文へ

MacのSafariでリンク先をプレビューする新機能が超便利!

2015年04月13日 17時00分更新

文● らいら(@lyrahm) 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは8日「OS X Yosemite 10.10.3」を公開し、Safariとトラックパッドを組み合わせて使う機能を強化した。Safari以外のウェブブラウザをメインで使っているユーザーも、Safariに引っ越したくなるほどに進化したアップデートだ。

 特にヘビーローテで使えそうなのが、サイトのリンク先を3本指タップすることで、リンク先をプレビュー表示する機能だ。わざわざリンク先に飛ばずとも、ポップアップのプレビュー画面でページの内容を確認できる。

サイト運営者からすると、閲覧数や滞在時間に影響がないかやきもきするアップデートかも

 このテクを使えば、プレビューで記事をざっと斜め読みし、興味がないならポップアップ以外の場所をクリックして、プレビューを閉じるといった使い方が可能だ。リンク先にジャンプするには、プレビュー画面をクリックすればよい。

 もし気になるリンク先のページをあとでまとめて読みたいなら、ポップアップ右上の「リーディングリストに追加」をクリックしよう。リーディングリストとはSafari版「あとで読む」のことで、オフラインでもページの閲覧ができる意外と頼もしい機能だ。

リーディングリストを表示するには、Safariのメニューバーにあるリーディングリストのボタン→メガネのイラストが描かれたタブをクリック

 iCloudでSafariの設定を有効にしておけば、MacのSafariでリーディングリストに追加した記事の続きを、iPhoneやiPadで読むといった使い方ができる。プレビュー機能と組み合わせれば、大量のニュース記事でもMacとiPhoneでサクサクさばけるだろう。

 3本指タップはリンク先だけでなく、電話番号でも有効だ。サイトに表記された番号から、iPhoneを経由しての発信や、新規連絡先の登録、既存の登録先への追加などが可能となった。

 ちなみに、これまでは番号をダブルクリックし、プルダウンメニューから発信する手順だった。このテクは先週取り上げたばかりだったが(関連記事)、操作がより簡略化し、できることも増えたようだ。

iPhoneを経由した発信はFaceTimeの設定が必要なので、先週の記事で設定方法を確認してほしい

 このように「OS X Yosemite 10.10.3」のSafariなら、トラックパッドの3本指タップを駆使してウェブの情報をより効率的にピックアップできそうだ。すでにOSのアップデートが終わっているなら、すぐに試してみよう。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中