このページの本文へ

上海問屋「バーチャル7.1ch USBサウンドユニット」

1000円以下で買える激安USBサウンドが登場、ただし上級者向け

2015年03月24日 23時24分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から1000円以下で購入できる安価なUSBサウンドアダプター「バーチャル7.1ch USBサウンドユニット」(型番:DN-12716)が発売された。ドスパラ パーツ館3Fの上海問屋コーナーで購入可能だ。

1000円以下で購入できる安価なUSBサウンドアダプター「バーチャル7.1ch USBサウンドユニットが上海問屋から発売

 この製品は、USB接続のオーディオDAC。USB給電のため、コンセントに接続する必要はなし。Windows 7以降なら自動で認識で利用できる。また、擬似7.1chサラウンドに対応するのも特徴だが、「上海道場初段」の上級者向けとされる。

 7.1ch対応ドライバーソフトは自分で用意する必要があるほか、対応ソフトに関するサポートも一切ない点には注意が必要だ。ちなみに、 2chステレオ出力とマイク入力のみの機能は、ドライバーソフト不要でUSB接続ですぐに使える。

 サイズは29(W)×80(D)×16(H)mmで、重量は27g。3.5mmステレオミニピン×1(出力)と、マイク×1(入力)を備える。

 価格は741円(税抜)だ。

価格は安いが、上級者向けとされる「上海道場初段」の製品。サポートが一切ない点には注意が必要だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ