このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

GTX 980も載る。しかも新設計“KTCケース”の独自空冷機構で冷え冷え!

置き場はないが高性能ゲームPC欲しい。ならGALLERIA STに決まり!

2015年03月03日 11時00分更新

文● 石井英男、編集● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GALLERIAシリーズに、新設計のスリムケース「KTCケース」を採用した「GALLERIA S9」シリーズが新しく追加された

 サードウェーブデジノスの「GALLERIA」シリーズは高性能なゲーミングPCであり、PCゲーマーからの信頼も厚い製品だ。そのGALLERIAシリーズに新しく追加されたのが、新設計のスリムケース「KTCケース」を採用した「GALLERIA S9」シリーズである。

 GALLERIA S9シリーズは、スリムなボディーに最新パーツを惜しげもなく詰め込んだゲーミングPCであり、PCで最新ゲームを存分に楽しみたいが、大きなタワーマシンは置きたくないという人に最適な製品だ。

新設計のKCTケースはおよそ幅10.5cm、容積14リットル。2リットルのペットボトルと比較してみると、コンパクトさがよく分かる。写真のように、幅は2リットルのペットボトルとほぼ同じ

幅10.5cm、容積14リットルのスリムでコンパクトなボディーが魅力

起動用のメインスイッチは大きく、中央に設置されているので押しやすい。使い勝手を考慮し、リセットボタンやカードリーダー、USB 3.0×2、サウンド端子が一直線に並んでいる

 GALLERIA S9シリーズの最大の魅力は、KTCケースと名付けられた、新設計のスリムコンパクトケースを採用していることにある。

 従来のゲーミングPCは、高性能CPUやビデオカードを搭載するため、ミドルタワーケースを採用しているものが多かったが、GALLERIA S9シリーズでは、縦置き時でおよそ幅10.5cm、容積14リットルとスリムでコンパクトなケースを採用しながら、ミドルタワーケースを採用したハイエンドゲーミングPCに匹敵するスペックを誇る。

 ボディーサイズはおよそ幅10.5×高さ38.2×奥行き35cmと非常にコンパクトであり、従来、3倍程度の大きなボディーでなければ不可能だった性能をコンパクトなスリムボディーで実現している。

 まさに、「最小限のスペースに最大級の性能」を凝縮したゲーミングPCなのだ。

背面にはUSB 3.0端子、HDMI出力端子、DVI端子などを搭載

 一般的なミドルタワーケースの容積は40リットルを超えており、GALLERIA S9シリーズではその約1/3という驚異的なコンパクト化を実現しているのだ。ケースの外観もスタイリッシュであり、フロントパネルのメッシュもデザイン上のアクセントとなっている。

 起動用のメインスイッチも大きく、中央に設置されているので押しやすい。リセットボタンやカードリーダー、USB 3.0×2、サウンド端子が一直線に並んでいるのも、使い勝手を考慮した結果だ。

 ゲーミングPCが欲しくても、ボディーが大きいため、設置場所がネックとなっていた人も多いだろうが、KTCケースを採用したGALLERIA S9シリーズなら、ちょっとした空きスペースにも気軽に置くことができる。

前へ 1 2 3 4 次へ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ