このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

潜望鏡のような不思議なHTC製デジカメ「RE」をじっくりチェック

2014年10月10日 19時20分更新

文● 中山智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HTCは8日(現地時間)に発表したばかりのアクションカメラ「HTC RE」とインカメ1300万画素のセルフィー(自撮り)特化スマホ「HTC Desire EYE」の体験ツアーを、ニューヨークでメディア向けに開催。それぞれのカメラ性能について、じっくりとチェックしてきた。

HTC初のデジカメ「HTC RE」(右)と「HTC Desire EYE」(左)

防水機能で水中写真もラクラク
アクティブ派に適した1台

 2製品の特徴としてあげられるのが、どちらもIPX7相当の防水機能を装備していること。特にHTC REは、シャッターを押すだけで簡単に写真や動画が撮れるので、細かな操作が難しい水中撮影にもってこいだ。

マンハッタンのビルの高層階にあるプールを貸し切って、水中モデルまで用意して水中撮影を披露。防水ケースなど不要でそのまま水の中に入れられる

 ちなみにHTC REの形状だとプールサイドなどから手を突っ込んで撮影する場合は、上下が逆になってしまう。そこで、動画撮影機能では、下向きで撮影を開始すると、ちゃんと天地が逆になった状態でデータが保存されるようになっている。

逆さにして、シャッターボタンを長押しすれば、撮影データは上下が入れ替わって撮影スタート
HTC REを逆さまに構えていても、ライブビューに映し出されている映像は天地逆になっていない

 自撮り棒などを使えば、手の届かない深いところからも被写体を狙うこともできる。仕様的には水深1メートルまで、連続30分の撮影が可能。ただし、水中に入れてしまうと無線LANの電波が届かなくなってしまうためか、ライブビューでの確認はできなくなった。

自撮り棒をつけたままプールに入れてみた。ライブビューの映像は水中にはいったところで止ったが、録画自体は続いていた

 通常の防水デジカメでも水中では映り込みなどの関係で液晶ディスプレーの確認が難しく、カンを頼りに撮影するケースが多い。しかしHTC REは液晶がなくても146度と広角なレンズを採用しているので、被写体にレンズを向ければおおむね失敗せずにフレームに収められるのがポイントである。

水中撮影での作例。水上のプールサイドまで映り込むほどの広角


(次ページでは、「インカメラも13メガのHTC Desire EYEに注目」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART