このページの本文へ

なんだこれ! 潜水艦風の防水アクションカムをHTCが発表

2014年10月09日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部 撮影●中山智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンメーカーとして知られるHTCが、8日(現地時間)にニューヨークで製品発表会を開催。見た目が潜水艦の潜望鏡で、146度の広角レンズを搭載するアクションカム「RE」を発表した。現地取材をしているライターの中山智氏の写真とともにお届けしよう。

潜水艦の潜望鏡のようなちょっと変わった形のデジカメ「RE」をHTCが発表。スマホと連携して利用できる

シンプル&小型サイズでどこでも持って行ける
スマホと連携するデジカメ

 REは手のひらサイズの小型デジカメで、液晶画面などは搭載せずにスマホ(AndroidとiOSの両方に対応)をファインダー代わりに利用できる。IPX7相当の防水性を持っており、水深1メートルで30分持続が可能。HTCのサイト上でもマリンスポーツ時に撮影している例が紹介されている。

なんというかスゴイ形!

 ボタンも基本的には背面のシャッターボタンだけで操作。グリップセンサーにより、本体を持つだけで撮影できる状態になる。シャッターボタンは短く押せば静止画、長押しで動画の撮影ができる。

 画素数は16メガで146度の広角レンズを搭載。データはスマホにWi-Fi経由で直接同期し、さらにクラウド上にバックアップできる。さらに動画編集が簡単にできるZoeアプリも利用可能。自転車に固定するためのアクセサリーなども用意されており、アクションカムならではの可能性の広がりを持つ。詳細は専用サイト(関連リンク)で公開されている。

背面にシャッターボタン。ボタンは前面にもう1つだけ
アクセサリー類も

 10月下旬にまずはアメリカで発売去れ、公式サイト上での予約価格は199.99ドル。その他の地域は順次となっているが、日本語のニュースリリースも出されており、日本での発売にも期待したいところだ。

セルフィーブームでついにインカメラも13メガ
「HTC Desire EYE」

 同じ発表会では、「HTC Desire EYE」というAndroidスマートフォンも公開されている。こちらは5.2型液晶を搭載。世界的なセルフィー(自撮り)ブームに合わせるように、メインカメラ/インカメラともに13メガセンサーを搭載するのが最大の特徴だ。防水機能にも対応している。

メインカメラと同等の性能を持つインカメラを搭載

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART